影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想

 自称・ゲーム/ニコ生評論家が文化的なことについて、熱っぽく本音で語っていきます。

初めての方へ
 近頃は、ゲーム関連とニコ生等について書いていることが多いブログです。PC用フリーゲームに関心がある方には、最近のおすすめ名作フリーRPG8選(2016年版)VIPRPGのおすすめ名作・傑作12選まとめ(2016年版)がおすすめ。  フリゲ以外に関心がある方はそのカテゴリの記事か、下の過去記事セレクションあたりがおすすめ。
過去記事セレクション(3/19):
最近のおすすめフリゲ:【長めレビュー】『グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底で』中編RPG『リリアン・クー』中編RPG『戦海ディザイア』短編RPGVIPRPG紅白2016から選んだ8作品の感想とレビュー

短編

  • 『戦海ディザイア』弱肉強食の世界。"1時間"に凝縮された短編ノンフィールドRPG
  • 『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』ただのブロック崩しではない。独自の工夫と細やかな演出
  • 『幽獄の14日間』14日間・ワンマップのリソース管理型脱出RPG
  • 『終わり逝く星のクドリャフカ』隻腕の男とロボットが寂し気な世界を探索する、細部まで丁寧なSF的RPG
  • ここ2か月くらいのVIPRPGツクスレ投下ゲーから4作のピックアップ

『戦海ディザイア』弱肉強食の世界。"1時間"に凝縮された短編ノンフィールドRPG

おすすめ度:★★★★☆
プレイ時間:1時間程度


WS000779   WS000782

 『戦海ディザイア』は、シリアス目な短編ノンフィールドRPG。プレイ時間が短めで気軽にできる作品を求めている方には特におすすめ。シンプルだけどちゃんとコクのあるゲームシステムで、上質な1時間を過ごすことが出来ると思います。ユーザー投票企画、フリゲ2016でも上位にランクイン。


 まず、個性的な絵が目を引く。彼女たちは亡国「レイドリア」の残党を狩る部隊「逆十字」のメンバーだ(逆十字は力が全てという信条を持つ)。残党たちは「カース」と呼ばれる異形の怪物を使役し、「カース」を召喚する能力者を「アギト」といった。そして、各所にいる残党を殲滅せよ!というところからストーリーが始まる。

 ゲームは、探索・戦闘・会話イベントが主体となって構成されている。探索は、上記(左)のSSを見てもらえれば分かるように、それぞれの矢印に前進・戦闘・会話・メニューという役割が割り振られている。戦闘画面は上記(右)のようになっている。ボス戦では「アギト」を倒すと「カース」も消えるので、倒す順番を考える必要がある。

 戦闘バランスは良好で、単純過ぎず、パズル的過ぎず、という印象を受けた。RPGによくあるMPを消費する技だけでなく、戦闘中にたまるTPというポイントを消費する技が強力で、鍵を握っていると感じた。

 例えば、「1ターンの間敵単体を行動不能にして、4ターンの間猛毒状態にする」というものがあって、他の技「猛毒状態の敵に対して2倍のダメージを与える」とシナジーがあったり、「自分へのダメージを無効にする」という技があるのに対し、「敵からのすべてのダメージを対象の味方単体に引き受けさせる」という技があったりと、色々と戦略を考えさせられるのが楽しい。TPは割とタイトな運用を求められるので、シナジーを意識するだけでなく敵の攻撃を含めた状況判断が必要となる。攻めに回し過ぎると全滅したり、防御に回し過ぎるとじり貧になったりと。

 また、ある程度ゲームが進行すると、買い物が出来るようになり、そこで買える技がなかなか強力なので、どれを誰に使わせるかというところも悩ましく、楽しい。

WS000788  WS000777



 スタッフロールが流れたとき、良くも悪くももっとやりたいと率直に思った。ストーリーも戦闘ももう少しボリュームがあってもよかったのかもしれないとも感じたが(舞台とか設定のスケールが結構大きいし)、そう思わせるのもきっと本作の魅力故なのだろう。全体として、フリーゲーム的な、きれいにまとまりすぎない手触りもいいね。

 ところで、Vectorの『戦海ディザイア』レビューでは、評価しつつも「クセが強い」「万人受けとは言い難い」のような表現が目立っていますが、私はまた違う感想を持ちました。確かにストーリーやキャラクターをコンシューマー的な王道RPGと比較すればそういう意見になるのかな、という理解はできますが、私はむしろシンプルで手軽なゲームシステムやプレイアビリティの高さに注目して、色んな人にプレイしてほしいなと思いました。Vectorのレビューを見たのをきっかけにプレイした人間が言うのもあれかもしれませんが。というか、最近よくある逆接的な宣伝文句なのかもね。

『戦海ディザイア』のダウンロード(ふりーむ!、RPGツクールVX Ace製なのでRTPが必要)

【こちらもおすすめ】
公開された時期が近いシンプルな短編RPG繋がり:『終わり逝く星のクドリャフカ』隻腕の男とロボットが寂し気な世界を探索する、細部まで丁寧なSF的RPG
手軽にできるノンフィールドRPG繋がり:『180DAYS』手軽にプレイできるケモノ系ADV+RPG。兄妹の180日間の冒険
ダンジョン探索ノンフィールドRPGの傑作:『セカジカ』雪道(マップが無いダンジョン探索)の名作RPG

今日のひとこと

 絵が個性的なのって強いなと思いました。山ほどあるゲームの中で、画像を見た瞬間に自分のオリジナリティを印象付けられますもんね。

追記)ここからは話が変わって、ジャンプ漫画についての余談なのですが、なんか『ボーボボ』と『デスノート』をふと思い出しました。(『ボーボボ』をご存知でない方は、『世紀末リーダー伝たけし!』と読み替えてもらっても結構です)
 両方とも好きな作品で(ジャンプ連載でボーボボ読んでた時、ドンパッチは緑のイメージでした)、小畑健の緻密で均整の取れた絵はもちろん素晴らしいと思うのだけれど、ボーボボは澤井啓夫の絵だから成立すると思うんですよね。適材適所というか、個性というか、そういうものもとても大事だと思います。近頃は広告戦略のせいか、きれいではあるんだけどテンプレ的というか(つまり小畑健的なものの不完全な模倣)、「命が吹き込まれていない彫像」みたいな、無味無臭のものが絵だけに限らずいろんな分野で増えてきていると感じています。そういうものって批判されにくくはあるけど、印象にも残らない。時が経てば誰一人として思い返すことはない、と思います。つまり、目立った欠点がないことと魅力的であることは違う。欠点が魅力を増すこともある。
 もちろん、今も昔も、少しアンテナを広げればそういうものとは違う優れたものがたくさんあると思いますが。自分が見えてないだけなのに、簡単に「昔は良かった」みたいなことを言うようにはなりたくないですね。

ボボボーボ・ボーボボ 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)  DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)

『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』ただのブロック崩しではない。独自の工夫と細やかな演出

WS000387  『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』は、「ブロック崩し」という古典的なゲームに独自の工夫を加えたユニークな作品。


 VIPRPG紅白2016のユーザー投票で総合2位を獲得。本記事はVIPRPG紅白2016から選んだ作品の感想とレビューをもとに若干の修正を加えたものです。


どんなゲーム?

 ATK、DEF*2、TECの4か所に「魔法」をセットすることで、ボールがオブジェクトにぶつかったときに爆発を引き起こしたり、ボールを跳ね返すための棒(杖)を横に長くしたりする等の有利な効果を時間制限付きで発動することができる。

 また、ステージの最後にはボスがいたり、棒(杖)を狙って攻撃してくる(命中すると杖が麻痺したり画面外に消える等の状態異常になったりする)敵がいたりとシューティングゲーム的なプレイ感もある。さらに、ステージにはギミックがあり(例えばボールを火をつけて氷のオブジェクトを溶かして壊したり)、プレイヤーを飽きさせない。

 さらに、ステージごとに挿入されるストーリーパートでは、少女っぽい印象のキャロルとこうもりの冒険が描かれ、細部まで作りこまれた演出が光っている。この部分だけでも見ていて楽しい。

総評

 90分程度のプレイ時間の中に、面白さが凝縮されており気軽にプレイできる作品という感じ。オリジナリティもありプレイアビリティも高い。

 後半になると難易度も上昇するが、ボールがゆっくりになり残機が増える「やさしさモード」もあるので苦手な方も安心できる。
 一つ気になった点を挙げるなら(私がプレイしたのは最新版でないのでアップデートで変わっている可能性もある)、一部の魔法が強すぎてせっかく9種類あるのにあまり使わない魔法が結構あることくらいだろうか。

 最後に触れておきたいのが、本作のようなブロック崩しもそうだし、シューティングゲームとかパズルとかでも言えることだと思うのですが、ゲーム性とは直接関係のない部分、グラフィックとか、音楽とか、演出とかも実はかなり重要だと思うんですよね。
 例えば、STGだと東方シリーズの音楽の楽しさへの寄与とか、弾幕の美しさとか世界観とか。今更モノクロのインベーダーをやる気にならないのは、そのゲーム性だけが原因ではないだろう。
 あるいは、パズルだと「ぷよぷよ」がただの無機質なジェルを扱うのではなくて「ぷよ」であることとか。アルルとかカーバンクルみたいなキャラクターがいることとか。連鎖や相殺の演出とかも熱いね。あとピンチになったら音楽が変わったりもね。
 本作の面白さを説明するには、こういう部分をしっかりと作っていることを見落としてはならないと思う。

『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』のダウンロード(VIPRPG紅白2016)

【こちらもおすすめ】
VIPRPG紅白2016の他の作品:VIPRPG紅白2016から選んだ作品の感想とレビュー
同じく紅白2016の投票の上位:『Dの冒険7 ~Dの謎!?~』カードで世界救うぜ!いい意味で中学生が作ったっぽいノリのRPG

WS000393  WS000396

『幽獄の14日間』14日間・ワンマップのリソース管理型脱出RPG

WS000798  WS000793

おすすめ度:★★★
プレイ時間:2時間程度(ノーマルクリアまで。クリア後に高難易度モードが開放される)

 『幽獄の14日間』は、1~2時間程度でプレイできるリソース管理型脱出RPG。14日間という限られた時間の中でプレイヤーキャラを強化し、出口を塞ぐ「魔獣」を倒して「幽獄」から脱出することがゲームの目的だ。
 ワンマップに行動範囲が収まっており、コンパクトかつシンプルに楽しめる。魔法樹から採集したり、鉱脈から採掘したり、錬金釜でアイテムを合成したり、本から魔法を習得したりできるが、どの行動にもリソースの消費を伴うので戦略を考えるのが楽しい。オリジナルのグラフィックも魅力的。

 GitHubPLiCyでブラウザ版も公開されている。確かPLiCyはアカウントを作らないとセーブできなかったはずなので、普段PLiCyを使っていない方でブラウザ版をお好みの方はGitHubをおすすめします。私はダウンロード版をプレイしたので、それを前提として以下を続けます。

 感想としては、ストーリー性が薄く、RPGにしてはアブストラクトチックな感じが結構強かったので好き嫌いが分かれそう。私は将棋とかも好きなので楽しめましたが。
 本作は運の要素も結構強いです。採取できる素材もランダム、魔法陣から出てくる敵や仲間もランダムなので、プレイヤーが主体的に状況を操作していくというよりはけっこう運に翻弄される、という印象を受けました。エンディングは良かった。

 また、とても賛否両論のある製作ツール・RPGツクールMVで作られているので、環境によっては動作が重くなったり、ゲームパッドがうまく機能しないという報告もあるようです。
 私の環境では、ゲームパッドは快適に動作しましたが、続けてゲームをしていると重くなってくるので30分置きくらいにゲームの再起動が必要になりました。本作は短めのゲームでセーブもほぼ好きなタイミングでできるのでストレスを感じたと言うほどではありませんでしたが、長めのゲームだったら致命的になるかもしれないと思いました。
 MVの利点としてはマウスで操作出来たり、ブラウザ版としても公開できるというものもあるのですが。マウスで操作できるということは製作できるゲームの幅をかなり広げると思いますが、現段階ではいかんせんトラブルも目立つツールだと言わざるを得ないでしょう。

『幽獄の14日間』のダウンロード(ふりーむ!)

リソース管理RPG繋がり:『箱庭フロンティア』 ボードゲーム×ローグライク戦略RPG[第8回ウディコン総合2位]

WS000797  WS000799

今日のひとこと

 格闘ゲーム・ストリートファイター5を用いて行われるトパンガリーグ(第6期)というリーグ戦を続けて観てます!

 私は、スト2(X)・スト3(3rd)・スト4と続けてカプコンの格ゲーをやってきた人間ですが(下手だけど)、スト5は今のところやっていません。なので、読み合いとか攻防とかはよくわかりませんが、ストーム久保さんの弱キャラのアレックスだけど「仕掛けてくる」プレイを見るのが楽しいです!"なんかいい"ですね。

 あとはsakoさんのマニアックなコンボ選択と、それを理解して解説してくれるハメコさんもいいな、と思いました。
 ハメコさんといえば、この前のウメハラさん主催のカラオケ大会の決勝でも名アシスト(ヌキさんのドラゴンボールの歌をより引き立てるムーブ)をしていたことが記憶に新しいですね。「自分が主人公だ!」とばかりに前に出て個性をアピールする人を見るのも楽しいですが、名脇役や縁の下の力持ちという存在ももっと評価されていいと思いましたね。
 私自身も主人公タイプではないと言いますか、個人技でゴールにシュートしていくタイプではないと思っているので、見習いたいと思いました。サッカーもフォワードだけでは成り立たないし、物語も主人公だけでは成り立たないので、ブログにおける自分の立ち位置や役割を考えていきたいです。

『終わり逝く星のクドリャフカ』隻腕の男とロボットが寂し気な世界を探索する、細部まで丁寧なSF的RPG

WS000897  WS000901

おすすめ度:★★★★☆
プレイ時間:2時間程度


「お願いです、ぼく達を愛したりしないで……」

――2253年8月。最終戦争により終焉を迎えた世界の片隅で、一体のロボットが目を覚ます。
隻腕の男に手を引かれ、それが目にするものは、変わり果ててしまったかつての――。
(公式より引用)

 ストーリーは、最初は自分が置かれている状況がよくわからないところから始まり、徐々に把握していくというスタイルで展開される。SF的世界観。打ち捨てられた場所で起動したロボットの主人公が、壮年の男性・カミオカとともに残された日記とかメモとかを頼りにしつつ探索していく、というのはとても雰囲気がいいですね。

 戦闘はツクール2000のデフォ戦に、「チャージ」というシステムを追加している。そのシステムは、他のゲームでいうところのMP的なもの(AP)は最初0の状態からスタートし、「チャージ」という行動をとることでMP的なものが蓄積し、それを消費してスキルを発動できるというものだ。また、レベルアップした時に成長するパラメータを自分で自由に決められる。
 戦闘にしろ、ダンジョンにしろ、細部まで丁寧に作りこまれているという印象。敵の行動もよく練られている。豊富な種類がある装備の耐性等をよく考えて、敵の情報(アイテムを使って確認できる)や使ってくる技をよく見て対応していかないと厳しいだろう。

WS000896  WS000904
(画像右)Seraphic Blueのヴィルジニーっぽい敵

 私のプレイでは、雑魚は基本無視、稼ぎはせずにボスと死闘を繰り広げて瀕死の勝利(確か戦闘不能のキャラクターには経験値が入らない)でラスボスまでたどり着きましたが(レベル8・お金アイテム不足)、麻痺連打でHPを6割くらいは削れましたが、アイテムは確か一種類につき10個までしか持てないので相手のHPを削り切るまでに枯渇して敗北しました。そこで少しレベル上げをして、隠しアイテムとかを入手したら楽勝でした。そんな戦闘バランス。
 隠し要素とか、クリア後のボスとか、引き継ぐものの選択や高難易度の2周目とか、RPG好きが喜びそうな要素をたくさん用意しているなと感じました。それも攻略とかを見ずに自分で発見するのが楽しく、ちょうどいい難易度でしょう。

 気になったところは、ラストバトルにしても、その一つ前のボスにしても、エンディングにしても、そのシーンにおける因縁とか感動的な要素というものがあまりにもシーンの直前で明らかにされているように感じられ(要はストーリー展開が直線的過ぎるというか、伏線が弱いというかそんな印象)、気持ちがついていかなくて、「あ、そうだったんだ。」と私は思ってしまいました。

『終わり逝く星のクドリャフカ』のダウンロード(ふりーむ!)

【こちらもおすすめ】
工夫されたデフォ戦繋がり:『リナックス×メビウス』丁寧に作られた遊びやすいVIPRPGの良作

今日のひとこと

 本作はSFで硬派な感じの作品でしたが、けものフレンズ(アニメ)って面白いの?まだ見てないんだけど。私にとって最近のアニメはまどマギで止まってます。

ここ2か月くらいのVIPRPGツクスレ投下ゲーから4作のピックアップ

 ここ最近、私もなかなかゲームをするためのまとまった時間が取れていませんが、時間がない方や本格的な作品をプレイするエネルギーが無い方にもおすすめな掌編作品を、最近のVIPRPGツクスレに投下されたものから私が実際にプレイして特に気に入ったものを4作ほどご紹介したいと思います。期間は2016年9月~11月あたり。ダウンロード先は自動保管庫さんをリンクさせてもらっています。

※VIPRPGツクスレは、「ゴメスオチ」(主人公アレックスを海賊ゴメスが掘る)というものが定番となっているような感じの場所なので、下ネタや同性愛的な表現を含む作品が多数あります。苦手な方はご注意ください。
また、「もしも」の世界観を前提としている作品が多数あります。

セカンド目のksg



 とあるダンジョンを探索に来たアレックスはMPが尽きてしまい、脱出魔法のエスケープが使えなくなる。そこでMP回復アイテムのマジックウォーターが入ってないかと袋小路にある宝箱を開けてみたが中身は空。しかしそれこそがゴメスがアレックスの尻を狙うための罠だった。
 ksgっぽい感じとジョジョっぽい頭脳バトルの組み合わせが面白かった。メニュー画面をあえてプレイヤーに確認させる演出も良い。ひどいけど白いわてりがかわいい。ダウンロード

もしも階段がなくなったら



 階段がなくなったので代わりにハシゴを使う魔王把握。それだけのことだけど妙に新鮮で発想が面白い。キャラの反応も良い。ダウンロード

アンチドーテー



 VIPRPGやその他のRPGでおなじみの解毒薬のアンチドーテではなく、「アンチドーテー」。効果は「童貞は死ぬ」。6分程度の寸劇の中に笑えるポイントがたくさん凝縮されている力作。ダウンロード

なんでも知ってる二人



 「nnkr」(なにこれ)というタグが付けられている不条理ギャグっぽい感じの作品。ニコニコ動画黎明期に流行した遊戯王MADをほうふつとさせる(遊戯王やアカギのパロディネタも出てくる)。脈絡がなくシュールな感じでなんか面白くて笑える。ダウンロード


今日のひとこと

 VIPRPG紅白2016のサイトがオープンしましたね。私もわくわくしてきました。





書いている人:konoha
この世は生き地獄。争いが果てぬ阿修羅の世界。創作の光だけが救いだ。

ネットの暗部ばかり見ている病的な人間です。
好きなものは、ハースストーン、ニコ生、格ゲー界隈の配信、syrup16g、村上春樹、ユング心理学。詳しいプロフィールはこちら。

好きなフリゲは、セラブル、アナザームンホイ、ワールドピース&ピース、ざくアク、ドグマの箱庭シリーズ、ひよこ侍、他多数。
follow us in feedly



免責
当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。