影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想

 自称・ゲーム/ニコ生評論家が文化的なことについて、熱っぽく本音で語っていきます。

初めての方へ
 近頃は、ゲーム関連とニコ生等について書いていることが多いブログです。PC用フリーゲームに関心がある方には、最近のおすすめ名作フリーRPG8選(2016年版)VIPRPGのおすすめ名作・傑作12選まとめ(2016年版)がおすすめ。  フリゲ以外に関心がある方はそのカテゴリの記事か、下の過去記事セレクションあたりがおすすめ。
過去記事セレクション(3/19):
最近のおすすめフリゲ:【長めレビュー】『グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底で』中編RPG『リリアン・クー』中編RPG『戦海ディザイア』短編RPGVIPRPG紅白2016から選んだ8作品の感想とレビュー

ほのぼの・気楽な雰囲気

『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』ただのブロック崩しではない。独自の工夫と細やかな演出

WS000387  『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』は、「ブロック崩し」という古典的なゲームに独自の工夫を加えたユニークな作品。


 VIPRPG紅白2016のユーザー投票で総合2位を獲得。本記事はVIPRPG紅白2016から選んだ作品の感想とレビューをもとに若干の修正を加えたものです。


どんなゲーム?

 ATK、DEF*2、TECの4か所に「魔法」をセットすることで、ボールがオブジェクトにぶつかったときに爆発を引き起こしたり、ボールを跳ね返すための棒(杖)を横に長くしたりする等の有利な効果を時間制限付きで発動することができる。

 また、ステージの最後にはボスがいたり、棒(杖)を狙って攻撃してくる(命中すると杖が麻痺したり画面外に消える等の状態異常になったりする)敵がいたりとシューティングゲーム的なプレイ感もある。さらに、ステージにはギミックがあり(例えばボールを火をつけて氷のオブジェクトを溶かして壊したり)、プレイヤーを飽きさせない。

 さらに、ステージごとに挿入されるストーリーパートでは、少女っぽい印象のキャロルとこうもりの冒険が描かれ、細部まで作りこまれた演出が光っている。この部分だけでも見ていて楽しい。

総評

 90分程度のプレイ時間の中に、面白さが凝縮されており気軽にプレイできる作品という感じ。オリジナリティもありプレイアビリティも高い。

 後半になると難易度も上昇するが、ボールがゆっくりになり残機が増える「やさしさモード」もあるので苦手な方も安心できる。
 一つ気になった点を挙げるなら(私がプレイしたのは最新版でないのでアップデートで変わっている可能性もある)、一部の魔法が強すぎてせっかく9種類あるのにあまり使わない魔法が結構あることくらいだろうか。

 最後に触れておきたいのが、本作のようなブロック崩しもそうだし、シューティングゲームとかパズルとかでも言えることだと思うのですが、ゲーム性とは直接関係のない部分、グラフィックとか、音楽とか、演出とかも実はかなり重要だと思うんですよね。
 例えば、STGだと東方シリーズの音楽の楽しさへの寄与とか、弾幕の美しさとか世界観とか。今更モノクロのインベーダーをやる気にならないのは、そのゲーム性だけが原因ではないだろう。
 あるいは、パズルだと「ぷよぷよ」がただの無機質なジェルを扱うのではなくて「ぷよ」であることとか。アルルとかカーバンクルみたいなキャラクターがいることとか。連鎖や相殺の演出とかも熱いね。あとピンチになったら音楽が変わったりもね。
 本作の面白さを説明するには、こういう部分をしっかりと作っていることを見落としてはならないと思う。

『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』のダウンロード(VIPRPG紅白2016)

【こちらもおすすめ】
VIPRPG紅白2016の他の作品:VIPRPG紅白2016から選んだ作品の感想とレビュー
同じく紅白2016の投票の上位:『Dの冒険7 ~Dの謎!?~』カードで世界救うぜ!いい意味で中学生が作ったっぽいノリのRPG

WS000393  WS000396

(攻略付)『リリアン・クー』暖かく優しい世界。しかし厳しさや切なさから目を逸らしてはいない。戦闘も骨太な、ほのぼのお散歩RPG

WS000468  WS000424

おすすめ度:★★★★★
プレイ時間:7~8時間程度


WS000437 暖かくコメディタッチな優しい世界を東奔西走して、種やアイテムを集め、レベルを上げて、「マゼンタ遺跡」に封印されている"魔王"を倒しにいくRPG
 メインキャラクターはもちろんのこと、モブキャラまでがいきいきと魅力的に暖かく描かれている(山道を越えた先の寒い街に行くとモブキャラまでが労をねぎらってくれたりする)。ただし、それは厳しい現実から目を逸らした逃避的なものではない。世界にある悲しみともきちんと向き合ったうえで先に進んでいく、というところが私としてはとてもいいなと感じた。
 マップも丁寧で美しく、音楽も良いので歩き回っているだけでも楽しい。以前記事にした素晴らしい名作RPG、『ワールドピース&ピース』のT-FTAさんの最新作(17/1/23時点)。

 ある程度自由な順番でマップを攻略していくことが可能だが(任意の時点で魔王に挑みにも行ける)、次の行き先のヒントをくれるキャラクターもいるので、「次にどこに行ったらいいのかわからない」「迷子になった」というような心配はない。これはこういう色んなマップを歩き回るゲーム性においては重要な位置を占めている要素であると思われ、本作をユーザーフレンドリーにしている。


WS000431 戦闘はオリジナリティのあるシステムで、シンプルかつ面白い、本作のプレイ時間の長さにぴったりなものに感じられた。味方2vs敵1の戦闘で、特徴的なのはDEF(防御)の扱いと"インベントリアイテム(使い捨て)"の使用の二つだろう。

 本作の戦闘においてDEFは敵の攻撃を受けたとき、それが0になるまでHPの代わりに削られる装甲のような役割を果たしている。DEFは戦闘終了後に回復するが、HPはアイテムや魔法を使用しないと回復しない。ここまで聞くと、雑魚敵との連戦において消耗を抑えるためのシステムにも思えるが、実際はむしろボス戦で重要になってくる。ボス達は「味方キャラのMPマイナスDEF」の値のHPダメージというような特殊攻撃を放ってくることがあり、DEFの値を参照する攻撃はたいていうまく対処しないと致命傷になりうるものであるからだ。また、敵にもDEFの値が設定されており、HPは低いがDEFは高い敵にはDEF無視でHPダメージを与える魔法を使ったりと、戦略が求められる。
 さらに、戦闘では「インベントリアイテム」(剣・斧・盾・本等)が使用可能で、それはATKやDEFを上乗せしたり、魔法を発動することができる使い捨てのアイテムである。味方キャラクターのもともとのステータスは低めに設定されているので、この「インベントリアイテム」の使用が戦略のキーになってくる。しかしそれは湯水のように手に入るわけではないので、使うタイミングの判断が求められる(稼ぎは可能)。

『リリアン・クー』のダウンロード(作者サイト:えふたらぼ)

こちらもおすすめ
同じ作者さん繋がり:『ワールドピース&ピース』痛みと再生の物語。大長編の大名作RPG
暖かくて手軽にできるゲーム繋がり:『180DAYS』手軽にプレイできるケモノ系ADV+RPG。兄妹の180日間の冒険

WS000447  WS000430

攻略メモ(ネタバレなので反転。ゲームに同梱されている簡易ヒントも非常に有用)

クリスマスタウンのソフトクリーム屋の様子がおかしくなる問題の解決法は、ソフトクリーム屋の建物の左側から後ろに回り込んで見えない裏口から中に入り、そこでの戦闘に勝利すること。

Lv.4宝石の入手法:アクアマリンは、アダマン洞窟を入り口から右手に進んだ赤い宝箱の中にある。ガーネットは、ピラミッドの右の部屋の宝箱の中にある。最後の一つは、どこだっけ…?(メモし忘れた)

フルメタルの入手法:クリスマスタウンとオアシスタウンを繋ぐ井戸の中にいる極限生命体えだまめNAがドロップする。イベントリーアイテムの制作やLv.5宝石の入手に必要。

倒せない敵がいる:本の状態異常や、盾の活用等を考えてみる。ある程度進めていてどうしても難しいなら、魔女の魔法屋で購入できるアルテマの本を連打すればたいていなんとかなる。

お金が足りない:敵がドロップする交易品や鉱石を売っても足りないなら、クリスマスタウンとオアシスタウンを繋ぐ井戸の中から行ける盗賊のアジトの赤い宝箱を調べると、初心者救済措置が使える(偽造小切手が必要)。

隠し要素:カードを10枚すべて集め、リリアンの別荘の井戸の中に行くと…?


今日のひとこと

 この記事は、本ブログの記念すべき100記事目です。実質的な運営期間は約7か月で、三日坊主にならずに続けてこれてよかったと思っています。最近はアクセス数も右肩上がりで、継続は力なりですね。最初はなかなか自分の感じたことをうまく言葉に出来ずに苦しんでいました。不用意な言葉で人を傷つけたり、誤解を招く表現もあったと思います(あるいは現在進行形で)。それについては私の力不足であり、申し訳なく思っています。しかし、このブログの基本的なコンセプトは応援です。ブルーハーツの『人にやさしく』の甲本ヒロトの言葉を借りるならば、「期待はずれの言葉を言うときに 心の中では ガンバレって言っている」といったところでしょうか。今はみんながんばりすぎている時代だと思っているので、ここでのガンバレという言葉は「まだ足りないから何かしろ」という意味ではなく、応援やねぎらいの意味として解釈して頂きたいです(やっぱり言葉は難しい)。

『MAJIKUSO FANTASY』ゲームのお約束を裏切る前衛的な表現が光り、いい意味でksgしている作品。

WS000250プレイ時間:40分~60分程度

 『MAJIKUSO FANTASY』は、典型的なゲームの法則(看板のようなオブジェクトは自ら動かない、世界観やグラフィックは基本的に統一感がある等)をあえて破るような、前衛的な表現がたくさん盛り込まれた世界を歩き回って冒険するゲーム。

 VIPRPG作品ですが、「もしも」の世界観を知らなくてもそのテイストは薄目なのでゲームを十分楽しめると思われます。しかし、VIPRPGの祭りという文化(感想掲示板について等)や、ツクラーネタ(RPGツクール2000を使ってゲームを作って公開する側の人を対象にしたようなネタ)が多数含まれるので、これらになじみのない方には意味の分からないシーンがあると思われます。ユニークな視覚的表現や、いい意味でksgしている感じが面白いし気楽にプレイできるので、そういう方でもやってみるのもいいかもしれません。"VIPRPG GW2015"にて公開。

前提知識:祭りという文化やツクラーネタについて(ご存知の方は読み飛ばしてください)

WS000257 これらについて簡単に説明しておくと、(私も参加したことがありますが)VIPRPGの祭りというのはRPGツクールシリーズでゲームを作った人ならば誰でも参加することができる祭りです。何も特別な人間でないといけないわけではありません。そして、基本的に祭りには作品ごとに感想掲示板が設置されています。ゲーム作者の立場としては、それなりの時間とエネルギーを投入して作った自分の作品に対するプレイヤーの反応が気になります。感想コメントを期待する一方、叩かれる不安も抱えています。
 また、VIPRPGにおいてツクール2000はかなり頻繁に使用される制作ツールであり、そのツールに対する知識や「あるある」を前提としている作品もあります。戦闘アニメ、ピクチャ、マップID等については長くなりそうなので割愛します。重要キーワードの「F12」についてだけ触れておきたいと思います。「F12」とは多くのキーボードにあるキーの一つで、ツクール2000においてはゲームを終了してタイトルに戻るショートカットキーとなっています。つまりこの作品中に出てくる「F12」に関するメッセージは、ゲームを途中で投げられることに対しての作者の怯えであるわけです。

感想など

WS000255 看板が跳ねて動いたり、急にDQっぽいマップになったり(しかも主人公はカニ歩き)、ポケモンの対戦みたいなのが始まったりするような、プレイヤーの予想をことごとく裏切るような進行が面白かった。この作品の魅力は「意外な仕掛けによる驚き」によるところも大きいと思うので、多くは語れないのが残念であるが他にも好きなシーンがいくつもある。
 そして一見雑なように見せてksg感が演出されているが、実は高度な技術が使われていたり、遊びやすさへの配慮が為されており(難しめのミニゲームをスキップできる等)実力派の作者によるものであることがうかがえる。
 さらに、ゲームの説明やつまりやすいところのヒントが付属のpdfファイルになぜか英語で記載されている。実は私も、序盤の王国の「北の女性に話しかけろ」のところで先に進む方法がわからずF12を押したい衝動に駆られたが、pdfによると「北の方を調べろ」というようなヒントが記載されていたので救われた。
 気になった点としては、道中のポリゴンフラッシュみたいな視覚効果で(休憩用の画面が用意されているとはいえ)、気分が悪くなりそうになった。個人差はありそうだけど。

『MAJIKUSO FANTASY』のダウンロード(VIPRPG GW2015)

関連:いい意味でksg感と意外性のある作品繋がりで『謎が謎を呼んでいる』独特なユーモアが楽しい気楽な短編VIPRPG見るゲ[夏の陣2016]。私のお気に入りの作品の一つ。やみらいが出てくる見るゲ。

今日のひとこと

 最近まとめて読んだ(漫画・小説・ゲームが多すぎてもはや部屋に置く場所がなくなりつつあるので、なるべく漫画は電子書籍で買うようにしている)木多康昭『喧嘩稼業』(現在第7巻まで発売中)という漫画がめっちゃ面白かった。基本的には格闘漫画なんだけどとても知的な漫画で、トーナメントの参加者に事前に毒を盛ろうとしたり、参加者同士を焚き付けて試合外で同士討ちさせて漁夫の利を得ようとする等の盤外戦術が非常に面白い。そもそも、このトーナメントは招待制なので主人公には参加資格がなかったが、参加者の一人を直接倒すことで参加権をもぎ取っている。試合が始まっても頭脳戦・心理戦が繰り広げられて夢中になった。「友情・努力・勝利」に対するアンチテーゼのようにも感じられる。キャラクターの掘り下げも深く魅力的。過去に『幕張』のような下ネタギャグ漫画を描いていた作者とは思えない作品。最近読んだ漫画では一番面白かった。


『180DAYS』手軽にプレイできるケモノ系ADV+RPG。兄妹の180日間の冒険

WS000189おすすめ度:★★★★☆
プレイ時間:6時間程度

 
約1年ぶりに再プレイして書いた記事となります。初めはVIPRPG夏の陣2015で特に面白かった5作の紹介と感想(リライト予定)という記事を書き直すために30分~1時間くらいプレイして記憶を思い出そうと思っていたのですが、手軽にプレイできるし、キャラクターに魅力があり優しい雰囲気の作品だったので結局クリアまでやっていました。おすすめ度は星4つとしましたが、これは私の個人的な嗜好によるものなので星5つでも良かったかもしれない。

ストーリー

 かけだし冒険者の兄妹、ワン・ワンオーとワン・リャンニャン。彼らはとある鳥の保護依頼を受け、トランキル平原にやってきたというところから物語が始まる。オリジナルのグラフィックが特徴的なのも相まって、ハードな展開もあるものの優しい雰囲気が作品全体を通底しているように感じた。人間関係の機微が描かれた(言外に心の動きを感じ取るところに女性的なものを感じた)家族愛と友愛の物語であるように思う。また、クリア後に見られる外伝では敵対するキャラクターが掘り下げられており、彼らの印象がかなり変わったので必見である。

ゲームシステム

 ゲームシステムとしては、「観察」「鍛錬」「探索」等のコマンドを選択してキャラクター達を育成し、襲ってくる敵と戦い、ストーリーの進行によっては雪道型の(マップがない)ダンジョンに挑むという内容。コマンドを選択してのキャラクター育成の途中でイベント会話が挿入されたり、雨の日は「探索」で強敵が出やすくなり倒すと良いアイテムが獲得できる等の要素がメリハリを効かせており、まったりとプレイできるものの単調さは感じなかった。
 戦闘はツクール2000デフォルトのものであるが、名作『Ruina 廃都の物語』を思わせるような丁寧な属性の設定や、弱点を突いた時の効果の大きさ等があり新鮮にプレイする事が出来た。

『180DAYS』のダウンロード(夢現)


ケモナーの世界は奥深そうですが私は素養がないのでほとんど知らない…。ポケモンはバトレボ時代
を対人戦略ゲーとしてプレイしてました(第4世代、もこうの厨ポケ狩り講座が流行っていたころ。私はジェネシスも好きだった。この二人のバトレボ動画はほぼ全て3周以上した)。余談ですが、私も当時、相当な時間バトレボをプレイしていたので一回だけもこう(たぶん本物)と偶然マッチングして対戦したことがあります。その時私は緊張して判断ミスをしてしまい、最後に出した私のマニューラのタスキカウンターを警戒した上でのもこうさんの安全勝ちという結果でした。試合の経緯は忘れてしまいましたがこのラストシーンだけはよく覚えています。

関連

雪道繋がり:『セカジカ』雪道(マップが無いダンジョン探索)の名作RPG

今日のひとこと

ハースストーンのゴールドが偶然2525(ニコニコ)になりました。
WS000188
しかしなぁ…、ヒロイック酒場に突入する気にはなれんなぁ…。ダストの持ち合わせも少ないので、フィヨラ・ライトベイン(3/3/4 あなたがスペルでこのミニオンを対象に取った時、聖なる盾を得る。TGTのレジェンド)をクラフトするかも迷っている。なぜTGTのスタン落ちを控えた今、フィヨラ・ライトベインかというと「実力は見せてもらった。お前では勝てない」という登場時のセリフがとてもかっこいいから。X JAPANとかバックホーン等を聴いてても思うけど、私は「お前」という二人称が好きである。ただ効果からカードパワーを感じないので、逆に言うとスタン落ちしたら活躍の場が全くなく二度と日の目を見ないカードになる可能性を危惧している。まだ今なら、スタンダードでアグロパラやトーテムシャーマン等で活躍させられる可能性があるのではないかと考えている。決して強そうだとは思わないが…(プロ構築のデッキなどで採用例を私は見たことがない)。

『謎が謎を呼んでいる』独特なユーモアが楽しい気楽な短編VIPRPG見るゲ[夏の陣2016]

WS000060 プレイ時間:20分程度
 VIPRPG作品なので、VIPRPGの世界観を知っていないと厳しいかもしれません。"VIPRPG夏の陣2016・裏"参加作品。

 やみっちやライチたちが学校に行ったり、美術館に抽象画を見に行ったり、スーパーに買い物に行ったりするお話。常に独特なユーモアのセンスが発揮されていて、見ていて面白い。こういう肩肘張らない作品を楽しめるのもフリーゲームの魅力の一つかもしれませんね。


WS000059 特に好きなシーンは、電車に乗るところ(左上の画像、そこに乗るのかよ!)、「またしても」という言葉を使って文章を作りなさいという問題に対するやみっちの回答(右下の画像)、トイレでなぜか始まるクイズ等。文章や話の展開だけでなく、キャラクターの動きや効果音なども独特なおかしさがある。会話もボケとツッコミで進んでいく典型的な流れというより、うまく流して話を進めたり、突然変なことを口走ったりする独特の空気感がとても魅力的だった。このセンスはなかなか真似できないと思う。

『謎が謎を呼んでいる』のダウンロード(VIPRPG夏の陣2016・裏)

関連:作風がとても似ているので同じ作者様によると思われるおじいちゃんファンタジア(夏の陣2015)もおすすめ。

 関連商品考えたらこれ思いついた。フット後藤のジェッタシーがめっちゃ笑えた。
書いている人:konoha
この世は生き地獄。争いが果てぬ阿修羅の世界。創作の光だけが救いだ。

ネットの暗部ばかり見ている病的な人間です。
好きなものは、ハースストーン、ニコ生、格ゲー界隈の配信、syrup16g、村上春樹、ユング心理学。詳しいプロフィールはこちら。

好きなフリゲは、セラブル、アナザームンホイ、ワールドピース&ピース、ざくアク、ドグマの箱庭シリーズ、ひよこ侍、他多数。
follow us in feedly



免責
当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。