影絵の木の葉 ゲーム(特にフリーゲーム)/音楽/文学 等のレビューと感想

 "良い作品と出会い、より深く楽しむため"のレビュー・批評、そして思い出を熱くお届け。ゲーム全般・音楽・文学など。

シミュレーションRPG

  • "話題"のSRPG『ヴェスタリアサーガ』の感想と紹介(冒頭まで)
  • 『グレイメルカ』FEみたいなシステムの二転三転するファンタジー大河SRPG

"話題"のSRPG『ヴェスタリアサーガ』の感想と紹介(冒頭まで)

WS000010 巷で"話題"となっている『ヴェスタリアサーガ』の冒頭(序章と第一章をクリアした時点)までの感想です。作者の方がブログで「作品を紹介していただくのは結構ですが、ことさら私の名前、話題を出しての拡散は遠慮してください。」と言われておりますので、本作の内容についてのみの感想となります。

 本作は、もともと9月21日公開予定でしたが、今日先行公開されたので早速プレイしてみました。

 世界観はファンタジーな感じで、一つの島に8つの国家が成立していて、その中の一つの国の公子が過酷な運命に立ち向かうというようなストーリー内容(今のところ)。

 ゲームシステムは左上の画像のように、マス目があってユニットを操作していくターン制SRPG。武器には剣や槍をはじめとして、大剣(重い代わりに威力がある)・短剣(敵の防御を無視)などの種類があります。また、使用回数の制限もあります。クラスの概念やスキル、地形効果や支援効果等もあるようです。

WS000011 難易度選択が可能で、「通常」「救済」モードの二つから選べる。作者の方が高難易度をうたわれているので中級者向けという「救済」モードを私は選択しました。
 序盤から殺しに来るのかなと警戒し、敵味方の能力やスキルを軽く確認し、主人公のゼイドの「指揮官I」スキル(3マス以内の味方の命中+10%)とガードナイト・プロディの「隣接護衛」スキル(隣接する味方の守備と魔法防御+3)を軸に据えた戦術で戦いました。このゲームはSRPG Studioというツールで作られているらしいですが、私はそのツールで作られたゲームをおそらくやったことがないということもあってか、洗練された戦術を用いることはできていないと思いますがリセットや死者が出ることはなく序章・第一章はクリアできました(ここまで一時間程度)。
 作者の方の「高難易度がポリシー」という旨の発言を見るに身構えてしまうところはあると思いますが、序盤は(少なくとも救済モードでは)敵の攻撃力も抑えられており、使用回数に制限があるとはいえ強力な武器も所持していたので、歯ごたえとともに十分な遊びやすさも兼ね備えていると感じました。

 ストーリーはまだ冒頭ですが複数の勢力が絡んでくる重厚な感じが期待感をあおります。グラフィックやサウンドもフリーとは思えないハイクオリティ。
 …それでは続きをプレイしていきたいので、この辺で。作者の方がブログでわざわざ「ゆったりとプレイしてください」という記事を上げておられるので、その通りに。

ヴェスタリアサーガのダウンロード(公式サイト)

追記:かなりの長編作品のようです。
関連:『グレイメルカ』FEみたいなシステムの二転三転するファンタジー大河SRPG



『グレイメルカ』FEみたいなシステムの二転三転するファンタジー大河SRPG

WS000337おすすめ度:殿堂入り
プレイ時間:30時間~

 ストーリーもゲームもどちらも面白い、ファイアーエムブレムに似たシステムの(三すくみがある)SRPG。フリーのSRPGの中でも最高峰ではないでしょうか。

銀髪のロマテア人に囲まれて育った
黒髪の青年ハルカ。 

80年前 ロマテア帝国は
隣国を滅ぼす為にグレイメルカ作戦を実行した。

その残虐非道な作戦により一つの国が地獄に叩き落され
帝国は怨嗟の的となる。

そんな膨張を続ける帝国で皇子達と同じ屋根の下
ハルカは生まれ、ロマテア人として育って行く……。(公式より)
 まず、いくつもの国と登場人物の思惑が交錯し二転三転するストーリーが非常に面白く、先が気になるのでどんどんプレイしてしまいます。それはファンタジーな大河ドラマであり、死闘を繰り広げる国や登場人物にはそれぞれの過去があり、それによって物語の厚みが増しています。タイトルにもなっている残虐非道な「グレイメルカ」作戦が後世まで尾を引いて影響を与えていきます。登場人物も皆個性的で、しかもその個性は取ってつけたような記号的なものではなく、歴史の中を生きる過去を持った「生きている」個性です。

 ゲーム部分も面白いです。難易度が「イージー」「ノーマル」「ハード」から選択可能で、私は「ノーマル」でプレイしましたが、中盤以外は程よい難易度だと感じました(ファイアーエムブレムシリーズはいくつかプレイした経験があります)。本作はファイアーエムブレムっぽい三すくみ(剣<槍<斧)があるタイプのSRPGなのですが、それだけではありません。70種類もの豊富で個性的なスキルがあり、そのほとんどが有効に活用でき(つまり死にスキルがおそらくほぼない・戦略に組み込める)、キャラクターの個性を際立たせています。これはすごいことなのではないでしょうか。例:「ベイベー」女性のそばまで距離関係なく駆けつける、「神技守護」3マス先まで隣接する味方の全ダメージを一定確率で0にする、「人形使い」人形ユニットを生み出す(一体まで)など。
 ただ、唯一気になったのは中盤辺りで主人公などの強いキャラクターがあまりに強く、無双させるだけでほとんどのステージをクリアできてしまう点ですね。終盤になるとそれだけではうまくいかなくなってくるのですが。

 音楽とグラフィックも全て自作らしいです。 

『グレイメルカ』のダウンロード(公式)

関連:"話題"のSRPG『ヴェスタリアサーガ』の感想と紹介(冒頭まで)
さらにFEっぽいゲームシステムを持つSRPGをお探しの方には非常におすすめ。

詰まったときのヒント(ネタバレを含むので反転)
・命中が0になるボス相手にはメレオネの「絶対詠唱」で対抗するか、オッゾンの「攻撃采配」が有効。二人ともロストしてしまっている場合は苦戦するのではないでしょうか。その場合は、支援を活用して命中率を底上げしていくか、敵の武器が壊れるまで粘るしかないのか?

私の最終話での出撃メンバー(ネタバレを含むので反転)
ハルカ:強制出撃。強いが「予測」や「バリア」を持たないため、メレオネやスイハ、キル等には堅さで劣るという印象。でもサヴァックスやダクトゥイが使えるので十二分に強い。
フィアカルタ:間違って選んだ。一応育ててはいるが、「歌声」を持つロシェアにしておけばよかったと後悔。魔防が低すぎるため戦力外だった。
ソヴォ:やはり魔防が低いので(メイジシールドを多数用意する資金はなかった。ウッドシールドやメタルシールドは全員に配布していたのだが)雑魚相手に慎重に運用するに留まった。
メレオネ:「絶対詠唱」(影魔法の命中が確実になる)を持つあまりに強いキャラ。特にボス戦で使える。「バリア」があるとはいえ、物理攻撃にはもろいので盾が必須か。ハルカとお互いに支援関係を持つので二人で突っ込ませると無双してくれる。
マテル:本作の中で一番好きなキャラクター。「連撃」が強い。加入時期が遅いので使えるマップは限られるが、なかなか強い。ちなみにクラスチェンジ後のクラスは「ヒロイン」。本作のヒロインなのか?
パパラッダ:私はソヴォを常に出撃させていたため、仕事を一回もしなかったためか(それプラス会話をあまりしていない)割と金欠だったので第一線で戦うキャラクターの武器を鍛冶で回復させて使いまわしていました。ステータスは高いが、素早さが低いため戦闘ではあまり使えないという印象。
クレンフゥ:「英雄」が強いのでいるだけで重宝する。ステータスも強いが、他にあまりに強いキャラが居る。
ラタ:魔防があまりにも低いので戦力外でした。ラディンクアが使えるので加入当初は活躍したのですが…。
ペタ:「神技守護」が強い。でもそれ以外は最終話では使えない。
スイハ:私的雑魚戦最強キャラ。「予測」で足元をすくわれることがなく、「バリア」で物理もカバー。魔防はカンスト。魔攻もカンスト。支援関係も使いやすい。
キル:スイハと似たような性能だが、スキルが違う。防御スキルとして「バリア」のかわりに「死線」があるが、最終話では全ての敵が「狂眼」を持つため頼りないか。
オッゾン:戦闘では使えないが、「名采配」や「攻撃采配」が強い。加入してから常に出撃させていた。
ナイト:「治療指示」があまりにも便利。クレミトとコンビを組んでの運用も考えられた。
サリー:最終話で運用するにはもろすぎた。
ゲーコ:「人形使い」でロフォ君を呼べる。ロフォ君は死んでも次のターンでまた召喚可能(ロシェアのヒューは1マップ1体までだが)なので囮役に最適。そこそこ堅く、必殺もあるので第一線で戦える。隠れたエースだった。 

書いている人
konoha
konohaTwitter [ブログ更新通知も]

 "良い作品と出会い、より深く楽しむため"のレビュー・批評、そして思い出を発信しているブロガー。好きなゲーム・音楽・文学などと全力で向き合い、熱く本音で語っていく。

 もう今は友達もほとんどいないけど、むしろそのほうが楽しい。昔のあの日々の傷を癒したい。懐かしさや感傷に浸りたいと思っている。ニコ生と某掲示板ばかり見ている病的な人物でもある。

息苦しい国だけど、マイペースに、人どうしの違いを大切に。

嫌いな言葉は「明るく」「協調性」「頑張る」。学校が嫌いだった。

その他、詳しいプロフィール


初めての方へ→多様なジャンルから、当ブログのおすすめ記事を29本厳選した。

note [毒々しい創作関連]もやってます。
follow us in feedly

免責
 当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
 当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。