影絵の木の葉 ゲーム(特にフリーゲーム)/音楽/文学 等のレビューと感想

 "良い作品と出会い、より深く楽しむため"のレビュー・批評、そして思い出を熱くお届け。ゲーム全般・音楽・文学など。

パズル

  • 【感想・レビュー】『StarLight☆Mountain』 カジュアルにもディープにも楽しめる一筆書きパズル
  • 『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』ただのブロック崩しではない。独自の工夫と細やかな演出
  • 『デュラハンさんの頭をお持ち帰りする』高水準な倉庫番的パズル

【感想・レビュー】『StarLight☆Mountain』 カジュアルにもディープにも楽しめる一筆書きパズル

諸君、私はパズルが好きだ。

フリーゲームでパズルといえばまず挙がるのが『ゼリーのパズル』でしょう。

そしてVIPRPGでは、 『デュラハンさんの頭をお持ち帰りする』高水準な倉庫番的パズル『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』ただのブロック崩しではない。独自の工夫と細やかな演出『Win' Wind' Windy』、『しろくろシンドローム』あたりが、私の記憶には新しく、高水準でした。

VIPRPG GW祭り2017でも、確か3作品がパズルというジャンルでエントリーされています。

全体としてはNo.03『スピリットブレスオブザワイルド』やNo.19『さらばケゴール島』あたりが、感想掲示板やツイッター等で話題になっているみたいですが、私はパズルがやりたい気分だったのでまずは本作をPIAI(プレイという意味のこの界隈のスラング)してみました。

『StarLight☆Mountain』紹介ページ(VIPRPG GW祭り2017)
(プレイ時間:エンディングを見るだけなら30分くらい。フルコンプリートまではもっと)

(随時更新)VIPRPG GW祭り2017から選んだ作品の感想・レビューという記事も書いています。


WS000398   WS000396


ルールを簡単に説明すると、石の上に書いてある数字の回数だけその石の上を移動することが出来て、かつ同じ色から同じ色の石へは移動できません。
そして全ての石の上の数字を消費しきればコンプリートなのですが、次のマップへと進むための条件が集めた星の光の数(石の上を移動した歩数)が一定以上というものになっているので、全ステージをコンプリートせずとも進むことが出来ます。
このカジュアルにもディープにも楽しめるゲームデザインがよく考えられているなーと思いました。

パズル自体も面白かったです。パズルゲーの面白さをどう言語化して伝えればいいんだろう。難しいな。比較するのが王道なんだろうけど、似ているフリーゲームとかってあったっけ。『一本道迷宮』とか連想したけどこれは違うなー。
まあ、アクション要素がない静的なパズルなので、手順を考えたりする知的な遊びが好きな人なら楽しめるはず。


WS000394   WS000395


そして忘れてはならないのが、パズルゲーのパズル以外の部分。前回の紅白の『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』あたりは特に秀逸だったけど、本作でもしっかりとしたストーリーがあるのも良いと感じました。設定に新鮮さを盛り込みつつも、VIPRPGのテンプレートに乗っ取った安心感と気楽さがある。


ただ、全体を見て気になった点もあって、それはパソコンが低スぺだと後半のステージの動作が重い(5月6日時点)。ステージ開始直後は軽いので、画面上を動き回っている星が多数になると重くなっているんじゃないかと推測します。感想掲示板にも同様な報告がすでにいくつか寄せられているので、これについてはアップデートを期待したいですね。


『StarLight☆Mountain』のダウンロード(VIPRPG GW祭り2017)
(VIPRPG作品はRPG_RT.exeが抜かれているので他のツクール2000作品から持ってくるか、RPGツクールローダーを使うのがおすすめ。また、ツクール2000によって製作されているのでRPGツクール2000 RTPが必要。)

(随時更新)VIPRPG GW祭り2017から選んだ作品の感想・レビューという記事も書いています。

こちらもおすすめ

今日のひとこと

1週間くらい前にツイッターを始めました。VIPRPG GW祭り2017のゲームの感想もツイートしていくつもりなので、良かったらフォローしてね! Twitter:@sdw_konoha

『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』ただのブロック崩しではない。独自の工夫と細やかな演出

WS000387  『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』は、「ブロック崩し」という古典的なゲームに独自の工夫を加えたユニークな作品。


 VIPRPG紅白2016のユーザー投票で総合2位を獲得。本記事はVIPRPG紅白2016から選んだ作品の感想とレビューをもとに若干の修正を加えたものです。


どんなゲーム?

 ATK、DEF*2、TECの4か所に「魔法」をセットすることで、ボールがオブジェクトにぶつかったときに爆発を引き起こしたり、ボールを跳ね返すための棒(杖)を横に長くしたりする等の有利な効果を時間制限付きで発動することができる。

 また、ステージの最後にはボスがいたり、棒(杖)を狙って攻撃してくる(命中すると杖が麻痺したり画面外に消える等の状態異常になったりする)敵がいたりとシューティングゲーム的なプレイ感もある。さらに、ステージにはギミックがあり(例えばボールを火をつけて氷のオブジェクトを溶かして壊したり)、プレイヤーを飽きさせない。

 さらに、ステージごとに挿入されるストーリーパートでは、少女っぽい印象のキャロルとこうもりの冒険が描かれ、細部まで作りこまれた演出が光っている。この部分だけでも見ていて楽しい。

総評

 90分程度のプレイ時間の中に、面白さが凝縮されており気軽にプレイできる作品という感じ。オリジナリティもありプレイアビリティも高い。

 後半になると難易度も上昇するが、ボールがゆっくりになり残機が増える「やさしさモード」もあるので苦手な方も安心できる。
 一つ気になった点を挙げるなら(私がプレイしたのは最新版でないのでアップデートで変わっている可能性もある)、一部の魔法が強すぎてせっかく9種類あるのにあまり使わない魔法が結構あることくらいだろうか。

 最後に触れておきたいのが、本作のようなブロック崩しもそうだし、シューティングゲームとかパズルとかでも言えることだと思うのですが、ゲーム性とは直接関係のない部分、グラフィックとか、音楽とか、演出とかも実はかなり重要だと思うんですよね。
 例えば、STGだと東方シリーズの音楽の楽しさへの寄与とか、弾幕の美しさとか世界観とか。今更モノクロのインベーダーをやる気にならないのは、そのゲーム性だけが原因ではないだろう。
 あるいは、パズルだと「ぷよぷよ」がただの無機質なジェルを扱うのではなくて「ぷよ」であることとか。アルルとかカーバンクルみたいなキャラクターがいることとか。連鎖や相殺の演出とかも熱いね。あとピンチになったら音楽が変わったりもね。
 本作の面白さを説明するには、こういう部分をしっかりと作っていることを見落としてはならないと思う。

『キャロルのブロック崩し~いにしえの魔導書~』のダウンロード(VIPRPG紅白2016)

【こちらもおすすめ】
VIPRPG紅白2016の他の作品:VIPRPG紅白2016から選んだ作品の感想とレビュー
同じく紅白2016の投票の上位:『Dの冒険7 ~Dの謎!?~』カードで世界救うぜ!いい意味で中学生が作ったっぽいノリのRPG

WS000393  WS000396

『デュラハンさんの頭をお持ち帰りする』高水準な倉庫番的パズル

WS000187プレイ時間:2~4時間程度

 VIPRPG紅白2014で公開されたクオリティの高い倉庫番的パズル。特にパズルが得意というわけではない私にとって、絶妙な難易度だった。無駄に手が広い(取りうる選択肢が多い)というようなことはなく、濃密な時間を過ごす事が出来ます。直感的に解けたステージもあるものの、場合分けしつつ10分~20分悩んでクリアできた時がとても気持ちいい。ヒント機能もある。"もしも"の世界観を持つ作品であるが、ストーリー性はほとんどないので知らなくても問題ない。

 ゲームのルールは、デュラハンの頭をスタート地点にある胴体まで運ぶというもの。操作キャラのトリッシュは薄い壁を通り抜けられるが、頭は通り抜けられないので行きと帰りの経路をそれぞれ違う形で確保しなければならないのが楽しい悩みをもたらしてくれる。ちなみに、木箱は押せる(引くことはできない)が岩は動かせない。椅子を使えば木箱や岩に上る事が出来る(この要素も一方通行なので行きと帰りで別の経路を確保しなければならないという悩みをもたらす)。ステージが進むと操作キャラ(岩を3回まで破壊できる「アンデッドナイ」など)が増えて、キャラクターを切り替えながら攻略していくことになる。

『デュラハンさんの頭をお持ち帰りする』のダウンロード(VIPRPG紅白2014)

WS000184
 ステージ29が解けない。下記の動画などを見れば解法がわかるのだろうが、自力でクリアしたい。解法が分かった後に再プレイするとハイスコアの機能がほとんど意味をなさなくなってしまうと思われるので、全て初見のスコア。


私がプレイしたのはPS2版だが、ロジカルな楽しみだけでなく「ことばの想像力」が必要となるところが面白かった。日本語や活字を愛する方にとくにおすすめ。公式サイトにてブラウザで一部遊べる。

関連

パズル繋がり:VIPRPGのおすすめパズル『Win' Wind' Windy』、『しろくろシンドローム』
紅白2014繋がり:『ザ・スクールジャック』人生の落後者が旧友七人を殺害するために学校を襲撃するRPG

今日のひとこと

 本記事でもニコニコ動画へのリンクを貼っているが、フリーゲーム界においてニコニコ動画の影響力というものはなかなか大きいと思う。有名作・有名実況者による動画はもちろんのこと、VIPRPGのksg(掌編中心のジャンル)においては多くの作品が自動保管庫のダウンロード数よりも多く再生されている。私が約1~2か月前にツクスレに投下したksgも、自動保管庫のダウンロード数は100程度だが、ニコニコ動画での再生数は500を超えている(手動保管庫もあるので、単純に比較はできないが)。

攻略情報

 どうしても解けないが解法を確認したい場合は、【ニコニコ動画】【VIPRPG】 デュラハンさんの頭をお持ち帰りする その1あたりのプレイ動画を見るのが良さそう。EXステージに限定すると、祭りサイトの感想掲示板の>>48にも攻略情報がある。
書いている人
konoha
konohaTwitter [ブログ更新通知も]

 "良い作品と出会い、より深く楽しむため"のレビュー・批評、そして思い出を発信しているブロガー。好きなゲーム・音楽・文学などと全力で向き合い、熱く本音で語っていく。

 もう今は友達もいないけど、むしろそのほうが楽しい。昔のあの日々の傷を癒したい。懐かしさや感傷に浸りたいと思っている。ニコ生と某掲示板ばかり見ている病的な人物でもある。

息苦しい国だけど、マイペースに、人どうしの違いを大切に。

嫌いな言葉は「明るく」「協調性」「頑張る」。学校が嫌いだった。

その他、詳しいプロフィール


初めての方へ→多様なジャンルから、当ブログのおすすめ記事を29本厳選した。

note [毒々しい創作関連]もやってます。
follow us in feedly

免責
 当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
 当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。