影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想

 ゲーム/ニコ生評論家(自称)が文化的なことについて、熱っぽく本音で語っていきます。自分に嘘はつけない。

steam

  • 【安い・低スペック可】Steam 2017年サマーセールでおすすめ7選
  • 【steamおすすめ】『Child of Light』のレビューと感想:水彩画風のグラフィックで綴られるおとぎ話。2D横スクロールRPG
  • 【Steamおすすめ】Deathsmiles(デススマイルズ)の感想 横STGの一級品。これがケイブか
  • 【Steam】縦STG・eXceed 3rd - Jade Penetrate Black Packageの体験版をプレイした感想とレビュー
  • 【Steamおすすめ】『WITCH-BOT MEGLILO(魔女ボーグ メグリロ)』というSTGの、"トキトメワープ"はボムの概念を進化させた!ほどよくぬるい縦シュー。

【安い・低スペック可】Steam 2017年サマーセールでおすすめ7選

WS000823

(※公式からの画像では6月20日からとありますが、実際にセールが開始されたのは6月23日の午前2時でした。なので終了日時も正確とは限りません)

6/24 追記:セールに合わせて記事を公開するために慌てて、しっかりと書けていない部分が目立ったので、加筆修正しました。)


全て私が実際に購入し、プレイしたものから選んでいます。私は低スペックなノートパソコンでプレイしているので、パソコンのスペックが低い方でも安心なセレクトとなっております。また、安価でコスパが良いゲームが多めです。

2017年サマーセールと題しましたが、それ以外の場合でもおすすめ。
セール中はアクセスが増え、Steamにアクセスしにくい状態になっていることがあります。そういう時はリロードするか、しばらく時間を置くのがいいでしょう。

Steamでゲームするならコントローラーも。【使用感】PCゲームに最適で安価なコントローラーは、「XBOXコントローラー」だ!

続きを読む

【steamおすすめ】『Child of Light』のレビューと感想:水彩画風のグラフィックで綴られるおとぎ話。2D横スクロールRPG

Steam:Child of Light
(ユーザーレビュー:非常に好評、定価1980円。17/3/22確認。クリア時間:9~10時間程度)

col1

水彩画風のグラフィックがとても美しい。音楽もどこかノスタルジックだったり、幻想的だったりしてかなり良い。海外産の、往年のJRPGをリスペクトした2DスクロールRPG。おとぎ話のような物語。

PS3/PS4/Xbox360/XboxOne/PC/WiiUという多くのハードでプレイが可能。私はSteamでPC版をプレイしました。若干スペック不足ですが、解像度を落とせば満足なFPSで動作しました。

続きを読む

【Steamおすすめ】Deathsmiles(デススマイルズ)の感想 横STGの一級品。これがケイブか

Steam:Deathsmiles
(ユーザーレビュー:非常に好評 定価1980円 17/4/3確認)

私はこれまでCAVE(ケイブ)のシューティングは、昔に虫姫さまやエスプレイドを軽く触ったくらいで、本格的にやりこんだことはなかった。

なんでだろう。理由はよくわからないし、明確なものはないのかもしれない。


しかし近頃、STGにはまっていて、Steamから入手したものをよく遊んでいる。魔女ボーグ メグリロとかeXceed 3rdとか。

このジャンルをプレイしていると、必然的に行き着くのはやはりケイブ。セールで50%オフになっていたので遊んでみた。虫姫さまと悩んだけど、デススマイルズのほうが初心者向けらしいのでこちらから。


ds1

ds2

グラフィックもサウンドも紛れなく一級品。時間が経っても色褪せていない。
ステージをただ進んでいるだけで楽しい。これ大事。

システムとしては横スクロールで、ショットを左と右の両方に向かって撃つことができるのが特徴。敵も左右から襲ってくる。
この要素によって敵の攻撃が独特で、いままであまり味わったことのないようなプレイ感があった。
横シューをあまりやったことがなかったので対応できるのかという懸念もあったが、すぐ慣れた。


難易度は基本は3段階から選択でき、最低のランク1だとEXTRAステージとFINALステージ以外は易しめだと感じた。東方ハードクリア程度の私でも、少し練習すればノーコンでFINALまでたどり着けそう。

ただ、EXTRAとFINALステージは難易度が跳ねあがり、かなり難しいという印象だった。ほとんどボムだよりでコンティニューを連打して一応最後まで通しでプレイしてみたけど、どうやって打開すればいいのかちょっとすぐには見当がつかない。
私は今まで弾幕シューティングを中心にプレイしてきたけど、デススマイルズでは敵を早く処理して激しい攻撃をさせないというようなことももっと意識していかないといけないのかもしれない。


ネットで検索してみたら、詳しいレビュー記事(レビュー:デススマイルズ | オタクin東毛)が見つかった。なるほど、最終ステージの難易度は変わらない仕様だったのね。ステージごとに難易度選択できるのは確かによく練られてるわー。


Steamで入手できるSTG

Steam:Deathsmiles
(ユーザーレビュー:非常に好評 定価1980円 17/4/3確認)


XBOX360版も。

今日のひとこと

先日から引き続きメグリロをプレイしてますが、ステージ6(最終)の難易度が高いです。プラクティスで練習してますがまだ安定していません。おそらくポイントは、トキトメワープを惜しみなく使うこと。一瞬だけの使用ならほとんどゲージは減らないし、時が止まるとだいぶ楽に処理できます。
ステージ構成と敵の攻撃については把握できましたが、まだ対処が身体に染みついていないという状態です。

【Steam】縦STG・eXceed 3rd - Jade Penetrate Black Packageの体験版をプレイした感想とレビュー

Steam:eXceed 3rd - Jade Penetrate Black Package
(ユーザーレビュー:非常に好評 定価598円 17/4/2確認)

体験版は公式サイトから入手できました。

本作は、縦スクロールの弾幕シューティングゲーム。ショット、ボム、低速移動、特殊攻撃というスタンダードなシステム。

WS000025


手堅くまとまった良作という印象。値段分の価値はありそう。

ただ、何か本作独自の魅力、オリジナリティが欲しかったと感じました。平均以上の作品ではあるみたいですが、どこか物足りない。
高難易度なSTGをノーコンクリアするためには、何度も何度も何度も同じステージをプレイすることになりますが、そうプレイヤーを駆り立てるような要素を欠いているという印象。コンティニューを連打して、とりあえずクリアするくらいの楽しみ方がしたいプレイヤーにとっては十分な作品でしょう。


WS000018

世界観やキャラクターも、2009年の発売当時ならともかく、2017年となっては古さを感じてしまいました。一昔前の萌えゲー・ライトノベルって感じ。ただ、声優は豪華みたいですね。


Steamで同価格帯のSTGならば、私としては魔女ボーグ メグリロの方をおすすめします。こちらも体験版があるので、比較検討してみてはいかがでしょう。

【Steamおすすめ】『WITCH-BOT MEGLILO(魔女ボーグ メグリロ)』というSTGの、"トキトメワープ"はボムの概念を進化させた!ほどよくぬるい縦シュー。

あなたが、STGに一つだけ新要素を付け加えるとしたら、どこをどうしますか?


STG(シューティングゲーム)といえば、どんなタイトルを思い浮かべるだろう。

かなり奥が深そうなこの業界において、私はにわかシューターなのでまっさきに東方シリーズを思い浮かべます(こんなことを言うと、熱心なマニアの方には怒られそう)。いくつかのSTGをやりましたが、本格的にやりこんだ数少ないタイトルと言ってもいいかもしれません。

東方永夜抄・妖々夢はハードまでクリアしました。なので腕前としては中級者くらいになるのでしょうか。東方シリーズは、音楽と世界観が素晴らしく一大ムーブメントを引き起こした、自機の動きをパターン化して攻略するのが楽しい弾幕縦シューでした。


(東方シリーズを一つだけやるならまずこれ。難易度も低めで初心者向き。)


そしてその東方の次に、ノーコンクリアできるまでやりこもう!と思ったタイトルが今回ご紹介する『WITCH-BOT MEGLILO(魔女ボーグ メグリロ)』です。その特徴や面白さについて書いていこうと思います。

mg1


Steam:WITCH-BOT MEGLILO
(ユーザーレビュー:好評 定価540円 17/3/31確認 記事を書いている今は一週間セール中で50%OFF! ステージ2までプレイできる体験版(Demo)あり。)

(難易度は4段階easy・normal・hard・insaneから選択できます。このゲーム、難易度ノーマルは東方よりもかなりぬるいです。1時間くらいプレイした時点で、私でも全6ステージのステージ5までノーコンで到達できました。STGというと、格ゲーや音ゲーとともに、マニアックで今更始めにくいという印象を持たれる方もいるかと思いますが、メグリロは初心者向けです。)

mg2

世界観はコミカルで、音楽も平均以上。

特徴1・"トキトメワープ"というボムの概念を進化させたシステム

mg3


STGにおけるボムは、色んなタイトルで採用されていて、使用回数に制限はあるものの画面全体の敵に大ダメージ・自機無敵という能力を持つことが多い。

メグリロにおいて、ボムにあたるシステムは"トキトメワープ"だろう。これはいわばボムを使うか使わないかの二択ではなく、10%だけ使う・40%使うというような小出しの使い方ができるようにしたシステムだ。

トキトメワープはプレイヤーがボタンを押している間だけゲージを消費して発動し、敵と敵弾の動きが停止し自機だけが無敵状態で移動できるようになるというものだ。ただし、敵にダメージを与えたり、敵弾が消滅するというようなことはない。あくまで回避のためのシステムとなる。

ゲージは時間の経過で回復するので、多用することになる。ボムとは違い、トキトメワープの使用を前提にした従来のSTGにないようなステージが用意されている。ステージに壁があったり、このシステムなしだと詰みになるような状況も発生する。このシステムはステージの構成やギミックにも新たな要素を持ち込むことに成功しているのだ。

mg4
ステージ2・ノーマルより。トキトメワープなしだとあまりにも難しいが……?

特徴2・ショットの換装がステージの攻略をより楽しく

メグリロでは、R-TYPEのように取得したアイテムによって自機のショットが変化します。ただし、メグリロでは二種類までサテライトと呼ばれるショットを装備できるので、どのサテライトを装備しているかによってステージ攻略の難易度がかなり変わってきます。

固い壁や敵がいる場所では「ソード」「ドリル」(接近する必要があるが、破壊力がすごい)、狭い通路では「反射ショット」、攻撃が激しくてなかなか正面を維持できない敵がいる場所では「誘導ミサイル」など。

mg5
接近するというリスクはあるが、破壊力がありボスも短時間で倒せる「ソード」(画面左)


もちろんベストなサテライトでなくとも突破できるのですが、この要素によってステージを自機の動きをパターン化して攻略することが楽しみはしっかりと残しつつ、簡略化されて間口が広がっています。

総評

STGという難しいという印象を持たれがちなジャンルにおいて、初心者でも楽しめる間口の広いゲームだった。その上、ただぬるくしただけでなく、新たな楽しみを獲得することに成功している。私は上級者ではないので、熟練したプレイヤーがどういう感想を持つのかはわかりませんが、中級者としては相当面白くて新鮮だった。しかも安い(定価540円/17/3/31確認)。低スペックでも動作し、おすすめです。

Steam:WITCH-BOT MEGLILO
(ユーザーレビュー:好評 定価540円 17/3/31確認 記事を書いている今は一週間セール中で50%OFF! ステージ2までプレイできる体験版(Demo)あり。)


Steamに興味がある方にはこちらもおすすめ

今日のひとこと

もうすぐSteamのスプリングセールが始まりそうですね。私もメモ代わりにウィッシュリストにいくつかのゲームを登録しています。ウィッシュリストにゲームを登録しておくと、そのゲームが何らかのセール等で安くなった時にメールで通知してくれるので便利です。
さて、近頃はSteamの積みゲー崩しばかりやっていて、フリーゲーム関連の記事が書けていませんが、『ニュー・スーパーフックガール』というマウスで操作するアクションがとても面白かったので、それについて書いている途中です。

feedlyというRSSリーダー(色んなブログを読むのに便利なソフト)と、LINEで本ブログの更新通知が受け取れるようになっています!

follow us in feedly

書いている人
konoha
konohaTwitter

 この世は生き地獄。争いが果てぬ阿修羅の世界。創作の光だけが救いだ。

 ネットの暗部ばかり見ている病的な人間です。不条理で悪がはびこる世界と社会に対して強い憎しみを抱いています。

 好きなものは、ゲーム全般、ハースストーン、ニコ生、格ゲー界隈の配信、syrup16g、村上春樹、ユング心理学。

学校が嫌いだった。「明るく」「協調」「頑張る」吐き気がする。
その他、詳しいプロフィール

note(創作関連)より、
「オフィスに転がった万全な死体」
『偽りの注射と、廊下の残像』
follow us in feedly

免責
 当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
 当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。