影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想

 自称・ゲーム/ニコ生評論家が文化的なことについて、熱っぽく本音で語っていきます。

初めての方へ
 近頃は、ゲーム関連とニコ生等について書いていることが多いブログです。PC用フリーゲームに関心がある方には、最近のおすすめ名作フリーRPG8選(2016年版)VIPRPGのおすすめ名作・傑作12選まとめ(2016年版)がおすすめ。  フリゲ以外に関心がある方はそのカテゴリの記事か、下の過去記事セレクションあたりがおすすめ。
過去記事セレクション(3/19):
最近のおすすめフリゲ:【長めレビュー】『グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底で』中編RPG『リリアン・クー』中編RPG『戦海ディザイア』短編RPGVIPRPG紅白2016から選んだ8作品の感想とレビュー

steam

  • 【Steamおすすめ】Deathsmiles(デススマイルズ)の感想 横STGの一級品。これがケイブか
  • 【Steam】縦STG・eXceed 3rd - Jade Penetrate Black Packageの体験版をプレイした感想とレビュー
  • 【Steamおすすめ】『WITCH-BOT MEGLILO(魔女ボーグ メグリロ)』というSTGの、"トキトメワープ"はボムの概念を進化させた!ほどよくぬるい縦シュー。
  • 【Steam】『Hand of Fate』 カードが運命を決める テーブルトーク風なローグライクアクションRPG
  • 【steamおすすめ】『LIMBO(リンボ)』が新鮮で面白い! 美しいモノクロの夢のような世界を進むアクションパズル

【Steamおすすめ】Deathsmiles(デススマイルズ)の感想 横STGの一級品。これがケイブか

Steam:Deathsmiles
(ユーザーレビュー:非常に好評 定価1980円 17/4/3確認)

私はこれまでCAVE(ケイブ)のシューティングは、昔に虫姫さまやエスプレイドを軽く触ったくらいで、本格的にやりこんだことはなかった。

なんでだろう。理由はよくわからないし、明確なものはないのかもしれない。


しかし近頃、STGにはまっていて、Steamから入手したものをよく遊んでいる。魔女ボーグ メグリロとかeXceed 3rdとか。

このジャンルをプレイしていると、必然的に行き着くのはやはりケイブ。セールで50%オフになっていたので遊んでみた。虫姫さまと悩んだけど、デススマイルズのほうが初心者向けらしいのでこちらから。


ds1

ds2

グラフィックもサウンドも紛れなく一級品。時間が経っても色褪せていない。
ステージをただ進んでいるだけで楽しい。これ大事。

システムとしては横スクロールで、ショットを左と右の両方に向かって撃つことができるのが特徴。敵も左右から襲ってくる。
この要素によって敵の攻撃が独特で、いままであまり味わったことのないようなプレイ感があった。
横シューをあまりやったことがなかったので対応できるのかという懸念もあったが、すぐ慣れた。


難易度は基本は3段階から選択でき、最低のランク1だとEXTRAステージとFINALステージ以外は易しめだと感じた。東方ハードクリア程度の私でも、少し練習すればノーコンでFINALまでたどり着けそう。

ただ、EXTRAとFINALステージは難易度が跳ねあがり、かなり難しいという印象だった。ほとんどボムだよりでコンティニューを連打して一応最後まで通しでプレイしてみたけど、どうやって打開すればいいのかちょっとすぐには見当がつかない。
私は今まで弾幕シューティングを中心にプレイしてきたけど、デススマイルズでは敵を早く処理して激しい攻撃をさせないというようなことももっと意識していかないといけないのかもしれない。


ネットで検索してみたら、詳しいレビュー記事(レビュー:デススマイルズ | オタクin東毛)が見つかった。なるほど、最終ステージの難易度は変わらない仕様だったのね。ステージごとに難易度選択できるのは確かによく練られてるわー。


Steamで入手できるSTG

Steam:Deathsmiles
(ユーザーレビュー:非常に好評 定価1980円 17/4/3確認)


XBOX360版も。

今日のひとこと

先日から引き続きメグリロをプレイしてますが、ステージ6(最終)の難易度が高いです。プラクティスで練習してますがまだ安定していません。おそらくポイントは、トキトメワープを惜しみなく使うこと。一瞬だけの使用ならほとんどゲージは減らないし、時が止まるとだいぶ楽に処理できます。
ステージ構成と敵の攻撃については把握できましたが、まだ対処が身体に染みついていないという状態です。

【Steam】縦STG・eXceed 3rd - Jade Penetrate Black Packageの体験版をプレイした感想とレビュー

Steam:eXceed 3rd - Jade Penetrate Black Package
(ユーザーレビュー:非常に好評 定価598円 17/4/2確認)

体験版は公式サイトから入手できました。

本作は、縦スクロールの弾幕シューティングゲーム。ショット、ボム、低速移動、特殊攻撃というスタンダードなシステム。

WS000025


手堅くまとまった良作という印象。値段分の価値はありそう。

ただ、何か本作独自の魅力、オリジナリティが欲しかったと感じました。平均以上の作品ではあるみたいですが、どこか物足りない。
高難易度なSTGをノーコンクリアするためには、何度も何度も何度も同じステージをプレイすることになりますが、そうプレイヤーを駆り立てるような要素を欠いているという印象。コンティニューを連打して、とりあえずクリアするくらいの楽しみ方がしたいプレイヤーにとっては十分な作品でしょう。


WS000018

世界観やキャラクターも、2009年の発売当時ならともかく、2017年となっては古さを感じてしまいました。一昔前の萌えゲー・ライトノベルって感じ。ただ、声優は豪華みたいですね。


Steamで同価格帯のSTGならば、私としては魔女ボーグ メグリロの方をおすすめします。こちらも体験版があるので、比較検討してみてはいかがでしょう。

【Steamおすすめ】『WITCH-BOT MEGLILO(魔女ボーグ メグリロ)』というSTGの、"トキトメワープ"はボムの概念を進化させた!ほどよくぬるい縦シュー。

あなたが、STGに一つだけ新要素を付け加えるとしたら、どこをどうしますか?


STG(シューティングゲーム)といえば、どんなタイトルを思い浮かべるだろう。

かなり奥が深そうなこの業界において、私はにわかシューターなのでまっさきに東方シリーズを思い浮かべます(こんなことを言うと、熱心なマニアの方には怒られそう)。いくつかのSTGをやりましたが、本格的にやりこんだ数少ないタイトルと言ってもいいかもしれません。

東方永夜抄・妖々夢はハードまでクリアしました。なので腕前としては中級者くらいになるのでしょうか。東方シリーズは、音楽と世界観が素晴らしく一大ムーブメントを引き起こした、自機の動きをパターン化して攻略するのが楽しい弾幕縦シューでした。


(東方シリーズを一つだけやるならまずこれ。難易度も低めで初心者向き。)


そしてその東方の次に、ノーコンクリアできるまでやりこもう!と思ったタイトルが今回ご紹介する『WITCH-BOT MEGLILO(魔女ボーグ メグリロ)』です。その特徴や面白さについて書いていこうと思います。

mg1


Steam:WITCH-BOT MEGLILO
(ユーザーレビュー:好評 定価540円 17/3/31確認 記事を書いている今は一週間セール中で50%OFF! ステージ2までプレイできる体験版(Demo)あり。)

(難易度は4段階easy・normal・hard・insaneから選択できます。このゲーム、難易度ノーマルは東方よりもかなりぬるいです。1時間くらいプレイした時点で、私でも全6ステージのステージ5までノーコンで到達できました。STGというと、格ゲーや音ゲーとともに、マニアックで今更始めにくいという印象を持たれる方もいるかと思いますが、メグリロは初心者向けです。)

mg2

世界観はコミカルで、音楽も平均以上。

特徴1・"トキトメワープ"というボムの概念を進化させたシステム

mg3


STGにおけるボムは、色んなタイトルで採用されていて、使用回数に制限はあるものの画面全体の敵に大ダメージ・自機無敵という能力を持つことが多い。

メグリロにおいて、ボムにあたるシステムは"トキトメワープ"だろう。これはいわばボムを使うか使わないかの二択ではなく、10%だけ使う・40%使うというような小出しの使い方ができるようにしたシステムだ。

トキトメワープはプレイヤーがボタンを押している間だけゲージを消費して発動し、敵と敵弾の動きが停止し自機だけが無敵状態で移動できるようになるというものだ。ただし、敵にダメージを与えたり、敵弾が消滅するというようなことはない。あくまで回避のためのシステムとなる。

ゲージは時間の経過で回復するので、多用することになる。ボムとは違い、トキトメワープの使用を前提にした従来のSTGにないようなステージが用意されている。ステージに壁があったり、このシステムなしだと詰みになるような状況も発生する。このシステムはステージの構成やギミックにも新たな要素を持ち込むことに成功しているのだ。

mg4
ステージ2・ノーマルより。トキトメワープなしだとあまりにも難しいが……?

特徴2・ショットの換装がステージの攻略をより楽しく

メグリロでは、R-TYPEのように取得したアイテムによって自機のショットが変化します。ただし、メグリロでは二種類までサテライトと呼ばれるショットを装備できるので、どのサテライトを装備しているかによってステージ攻略の難易度がかなり変わってきます。

固い壁や敵がいる場所では「ソード」「ドリル」(接近する必要があるが、破壊力がすごい)、狭い通路では「反射ショット」、攻撃が激しくてなかなか正面を維持できない敵がいる場所では「誘導ミサイル」など。

mg5
接近するというリスクはあるが、破壊力がありボスも短時間で倒せる「ソード」(画面左)


もちろんベストなサテライトでなくとも突破できるのですが、この要素によってステージを自機の動きをパターン化して攻略することが楽しみはしっかりと残しつつ、簡略化されて間口が広がっています。

総評

STGという難しいという印象を持たれがちなジャンルにおいて、初心者でも楽しめる間口の広いゲームだった。その上、ただぬるくしただけでなく、新たな楽しみを獲得することに成功している。私は上級者ではないので、熟練したプレイヤーがどういう感想を持つのかはわかりませんが、中級者としては相当面白くて新鮮だった。しかも安い(定価540円/17/3/31確認)。低スペックでも動作し、おすすめです。

Steam:WITCH-BOT MEGLILO
(ユーザーレビュー:好評 定価540円 17/3/31確認 記事を書いている今は一週間セール中で50%OFF! ステージ2までプレイできる体験版(Demo)あり。)


Steamに興味がある方にはこちらもおすすめ

今日のひとこと

もうすぐSteamのスプリングセールが始まりそうですね。私もメモ代わりにウィッシュリストにいくつかのゲームを登録しています。ウィッシュリストにゲームを登録しておくと、そのゲームが何らかのセール等で安くなった時にメールで通知してくれるので便利です。
さて、近頃はSteamの積みゲー崩しばかりやっていて、フリーゲーム関連の記事が書けていませんが、『ニュー・スーパーフックガール』というマウスで操作するアクションがとても面白かったので、それについて書いている途中です。

feedlyというRSSリーダー(色んなブログを読むのに便利なソフト)と、LINEで本ブログの更新通知が受け取れるようになっています!

follow us in feedly

【Steam】『Hand of Fate』 カードが運命を決める テーブルトーク風なローグライクアクションRPG

ローグライクに重要なものは何か?

日本で有名なローグライク系のゲームと言えば、シレンやトルネコあたりでしょうか。
ちなみに私が始めてプレイしたローグライクはチョコボの不思議なダンジョン2でした。ローグライクなのに、ダンジョンを出てもレベルがリセットされないという異色の特徴があるゲーム。妙に物憂げで、儚い世界観が印象に残っています。



そして、今回ご紹介する『Hand of Fate』もローグライク的な概念のあるゲームなのですが、アクションやTRPGの要素もあるという意外な作品。Steamでローグライクの異色作と言えば、他には音ゲーの要素を入れた『Crypt of the NecroDancer』あたりがすぐ思い浮かびます。

『Hand of Fate』はローグライク的な要素があるだけでそれだけが中心ではないので(とはいえ、アクション部分にもローグライク的なパラメータが影響してくるので軸にはなっている)、ローグライクの系譜の中で語ることに疑問も覚えていますが、なかなかジャンル分けするのが難しい、斬新さがあるなと思っています。


Steam:Hand of Fate

『Hand of Fate』は、フードをまとった怪しげな男と机を挟んで、カードを使った中世ファンタジーなテーブルトーク風のゲームをする。ヘルスとフードというローグライク的な概念があり、戦闘はアクションで行うという色んな要素が盛りだくさんなゲーム。

hf3

しかし、このゲームの感想をひとことで言うと、TRPG然とした雰囲気はとてもいいけど他の要素があまり練られていない、という印象。色んな要素があまりかみ合っていない。

雰囲気につられてセールで買ってみたけど、同じ値段(2017年3月時点での定価は1980円)をSteamで出すならもっと面白いゲームが他にありそう。セール等で安くて雰囲気に浸りたいなら買ってもいいかな、くらい。

カードとか、テキストとか、効果音とか雰囲気作りはとてもいいのに、ゲーム性が私には合わなかった。


このゲームは大きく分けて、TRPGパートと、アクションの戦闘パートの二つに分かれています。
TRPGパートはぶっちゃけ運ゲー・作業ゲー。運の要素が強くて、プレイヤーが介入できる要素が少なすぎる。

hf1

戦闘パートはアクションですが、これも簡素なもので、基本は狭いフィールドで敵を攻撃して、敵が攻撃モーションに入ると回避する。その繰り返し。難易度を上げてみても、確かに難しくはなるけどそれが面白さに結びついているかと言うと疑問があります。

hf2


ローグライクって、運の要素の中で、クリアを目指してどう立ち回っていくかを考えるのが楽しいのだと思いますが、このゲームは「立ち回る」という部分を大きく欠いているように感じました。

例えばトルネコやシレンだと、敵に囲まれた時にどのアイテムを使うか、ここは杖で対処するか巻物で対処するかを考えたりとか、先に進むと強敵が待ち受けているので切り抜けるための方策を用意しておくとか、アイテムの識別のやり方とか。

そういうものがなさ過ぎて、誰がやっても大体同じになってません?


Steam:Hand of Fate

雰囲気だけはめっちゃいいんだけどなぁ……。


Steamでおすすめなゲーム

今日のひとこと

読み物としても面白いレビューを書きたいね。特定の作品に興味がある人だけでなく、そうでない人にも読んでもらえるような。

【steamおすすめ】『LIMBO(リンボ)』が新鮮で面白い! 美しいモノクロの夢のような世界を進むアクションパズル

20170315142729_1


LIMBOは、かなり有名で人気のある作品なので、いまさら長々と説明する必要もないかと思いますが、ジャンルとしては2Dアクションパズルゲーム。
理詰めで選択肢を絞り込んでいって正解にたどり着くというタイプのパズルではなく、「気づくこと」が重要なパズル
でした。操作手順の試行錯誤よりも、気づくことさえできれば一瞬でわかるというようなものが好きな方におすすめ。

タイトルからゲームをスタートすればチュートリアル等はなく、すぐにプレイを始めることが出来るのも手軽でいいですね。
操作は非常に簡単で、左右の移動と、ジャンプと、アクション(物をつかんだりとか)の3つだけです。最近、歳をとったせいか、複雑なゲームや長々とチュートリアルが行われるゲームが出来ない、という方でも大丈夫。


20170315143407_1  20170315143234_1


「これ、使えるかな?」とか、「ここにこの箱を置いたらどうなる?」のように、画面の中にある物体を利用することに気づいたり、発想を柔軟にすることによりパズルが解けます。
物理演算が取り入れられていて、現実の世界のように物体に慣性がついたり(例えばロープが揺れたり)します。「観察力」「柔軟な発想」「気づくこと」が求められます。私はパズルが解けるたびに「すげー!」と新鮮な驚きと感動を覚えました。

(有名な作品で値段も安く、制作会社playdeadの新作『INSIDE』が出たときには期間限定の無料セールをやっていたみたいなので、steamで手に入れたもののまだ積んでいるという方もいるかもしれません。しかし、そういう方にもLIMBOは手軽にプレイできるし、まず手を付けるのにベストな選択の一つであると提案したいです。かくいう私もセールでまとめて買ったゲームで手つかずのものが割とありますが)


そしてもう一つの最大の特徴は、画面がモノクロの夢のようなぼんやりとした世界になっていて、とても美しい。忍び寄る死の気配に満ちていて、でもホラー的という感じはあまりしない。
これについては私の文章よりも実際のSSを見てもらえればすぐに伝わると思います。パズル要素だけでなく、世界を歩んでいくこと自体も楽しいです。


クリア時間は個人差がありそうですが、私は4~5時間程度でした。

なんかべた褒めな記事になってしまいましたが、それくらい新鮮で面白かった。しかも手軽。短い細切れの時間にも楽しめる。そして美しいリンボの世界を歩くだけでも楽しい。
完成度が高くて欠点がなかなか見当たりません。「観察して気付いたり、考えたりすることがあんまり好きじゃない人には勧められない」というような、リンボの問題点というよりは、アクションパズルというジャンル自体の好き嫌いでしか思いつきません。人気があるのもうなずける。すごいゲームだ。

Steam内の『LIMBO』のページ


こちらもおすすめ

今日のひとこと

最近はSteamの積みゲーを消化してます。次はundertaleあたりをやろうかな? と言いつつも、虫姫さまを新たに買いたい気分になっている。
書いている人:konoha
この世は生き地獄。争いが果てぬ阿修羅の世界。創作の光だけが救いだ。

ネットの暗部ばかり見ている病的な人間です。
好きなものは、ハースストーン、ニコ生、格ゲー界隈の配信、syrup16g、村上春樹、ユング心理学。詳しいプロフィールはこちら。

好きなフリゲは、セラブル、アナザームンホイ、ワールドピース&ピース、ざくアク、ドグマの箱庭シリーズ、ひよこ侍、他多数。
follow us in feedly



免責
当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。