影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想

 ゲーム評論家(自称)がゲーム全般・フリーゲーム・音楽・文学などについて、熱っぽく本音で語っていきます。自分に嘘はつけない。

妄想日記

  • 谷川俊太郎 二十億光年の孤独 を読みながら(感想)、自分も詩を書いていく:「灰色の小人たち」「朝の喫茶店」
  • 蜃気楼:棚から降ってきた非難の声と、一歩だけの歩行 / 妄想日記
  • 「夜の自販機」 / 妄想日記・初回

谷川俊太郎 二十億光年の孤独 を読みながら(感想)、自分も詩を書いていく:「灰色の小人たち」「朝の喫茶店」

まえがきとしても - 谷川俊太郎『二十億光年の孤独』の紹介と感想

本屋で偶然見かけたことをきっかけに、谷川俊太郎『二十億光年の孤独』を少しずつ味わいながら読んでいます。ネット上なら谷川俊太郎/ポエトリージャパンで少し見られるようです。

谷川俊太郎は、十代の頃に書き溜めたこの詩集『二十億光年の孤独』で1952年にデビュー。解説によると、当時の詩壇(思想的な詩が中心だったらしい)に対して全く違ったタイプの詩を書く新人として現れました。
「二十億光年」という言葉にすでにあるように、とてもスケールの大きい視野で(宇宙に関する言葉も頻出)、戦後からの生活・社会・自然・人間・歴史などを見つめる詩を書いています。

私は彼の詩の、形而上の抽象的な言葉と具体的な言葉とを組み合わせ関連させる、その飛躍が面白いなと感じました(例: "時間に 雲が乗らない" 「梅雨」より、 "一瞬の運命論を 僕は梅の匂いにおきかえた" 「春」より)。
宇宙的な視野のせいか、感傷とか個人の感情というものが米粒みたいになるまで遠くから俯瞰されているようで、さらっとしながらもどこか物悲しい不思議な感触。私が読んだ集英社文庫の本には自筆のノートも収録されているのだけど、その字を見ると意外にまるっこくてかわいらしい字なのが印象に残った。

二十億光年の孤独 (集英社文庫)
谷川 俊太郎
集英社
2008-02-20



とくに気に入った二つの詩、「」「かなしみ」について引用しながら少し語っていきます。

かわいらしい郊外電車の沿線では
春以外は立入禁止である

「春」より

郊外電車の沿線が春の色に染められているという光景を、「春以外は立入禁止である」という言葉で表現するのがすごいな。たんぽぽの黄色い花とか、風の匂いとか、青い空とか、沿線はそういうものに満ちていて、そして立入禁止にされた「春以外」のものが、うらめしそうに遠くでこちらを見ていそうな気がする。


透明な過去の駅で
遺失物係の前に立ったら
僕は余計に悲しくなってしまった

「かなしみ」より

「過去」と「駅」という言葉を組み合わせるのが好きです。すごく象徴的で、精神世界において力を持っていそうな言葉。しかもそれが「透明」だと形容されている。そして「遺失物係」。何を失くしたのだろう。
係員はどんな人なんだろう。たぶん都会的な匿名性を持っていて深く関与してこないんだろうな。「透明な過去の駅」では人格を持った人間は、「僕」一人なのかな。孤独なんだけど、感傷的な孤独ではない。人とのかかわりの中で感じる孤独というより、広い世界に一人きりという感じ。

というわけで拙作も「灰色の小人たち」「朝の喫茶店」

この詩集を読みながら、自分でも詩を作ってみました。詩でも小説でもゲームでも、自分でも作ってみるとより深く味わえて良いと思います。おすすめの方法です。


灰色の小人たち

僕らは燃える生命力を封じ込んだ本を読む
灰色の小人たちは大声で騒ぎ立てる

僕らは沸騰する血を巡らせて肉体を鍛える
灰色の小人たちは大声で騒ぎ立てる

何をそんなに恐れているんだい
きっと置き去りにされるのを怖がる迷い子なんだろう


少年の日
木漏れ日と古びたカーテンの教室と埃のにおい
僕らはそこに何か忘れ物をした

あるいは あの木のしたの地中42kmに
まだそれは埋まったままなのかもしれない


今日という日
黒衣の追跡者が復讐を企てている 顔は見えない
あの人かもしれない 違うのかもしれない

何かが僕らを苛んでいる
暮らしの至る所で 食事中もニュースを見ている時も


もう誰でもいい どう思われても構わない
刺し殺してくれ お好みの声色と視線で

君が見ている僕は 君の心の中にしかいないから


完全な証明なんて誰にもできない
小学生じゃないんだからわかってよ
みんなその中で 少しでも前に進もうとしているんだよ
粗探しして 人の足を引っ張っているだけの君には粗がないのかい

幼き否認で積み木崩そうとしてんじゃねえ


自分だけは全部わかってる? 自分だけが演技して人を操ってる?
君だけが少しもわかってなくて 何も通用してなかったね
取り残された一人舞台の密室ピエロさん


だからそんなに怒りっぽくて 何度も何度も同意を求めて
そのたび裏切られて それでも承認を求めて裏切られて絶叫して

耳を塞いでいるから聴こえない
色眼鏡で見ているから歪んで見える
理解しようとしていないから理解できないんだよ

どんな仮面をかぶっても見え透いてんだよ
醜い本性と鉄のような頑なさが

たった一つの正解と、その他の多数の不正解で満たされた
君の世界の景色はどうだい? 自称・正義のヒーローさん?

とんだ茶番だ


「わたしの言う通りにしないと地獄に落ちる」

もう地獄に落ちてる人に 底の底から呼びかけられてもねえ

あの人はきっと、今日も苛々しながら大げさなため息をついているのだろう
一人きりの独房で



僕らは淡々と石を積む
誰かにに崩されるまで 賽の河原でも

あのころ何を求めていたのだろう、
迷い、混乱し、溺れて藁をもつかもうとして、鮮烈な期待と痛烈な落胆に苦しみながら…
それはきっと今も

思えば遠くまで来たもんだ


灰色の小人たちは大声で騒ぎ立てている
続きを読む

蜃気楼:棚から降ってきた非難の声と、一歩だけの歩行 / 妄想日記

部屋の掃除をしていると、私を非難する者の声が棚から降ってきた。


「お前は間違っている」


また君か。いい加減にしてくれ。
しかし、呼び出したのは自分自身だった。脳内のあいつを。


…消し去りたい。

あいつのどこが弱点だ? どこが間違っているんだ?
少し集中して、脳内で論理を形成。言葉をとがらせていく。


…よし、完成だ。これで論破できる。追い詰められる。

しかしその、形を持たない理性の刃を突き立てる相手はどこにもいなかった。
全ては脳内の出来事でしかなかった。剣戟は空を切った。怒りは収まらなかった。


結局は、もう終わったことなのだ。通り過ぎた過去。恣意的な彩色が加えられたモノクロの映像。

真実は藪の中。科学の光でも照らせない闇が依然として存在する。


きりがない。やめよう。無意味だ。
もう十分だろう。何度繰り返してきた? これ以上続けても、自分を損なうだけだ。

完全なる正解の欠如。
それは人間界に未だもたらされていないもの。

だから、ある程度のところで切り上げなければならない。そうしないと進めなくなる。
信じるという行為が必要。歴史が証明してくれるのを待つしかない。

原理的な不可能性。


今日も、一歩だけ踏み出そう。そのために、正解は必要ない。
間違っていようがなんだろうが、現実の歩行は可能だ。不確定性の中を泳ぐように。濁った海。

楽しもう、この歩みを。

人間性の回復。真なる認識を取り戻していく。
捏造された記憶からの解放。


――昨晩の言い争いは何だったのだろう?

誰もが皆、それぞれ得意なものを機動的に操った。自分が上、相手が下だと主張した。大げさな衣装を身にまとい、カクテルグラスを傾けながら。
理論・論理・数値・感知・振る舞い・偏見・伝承・権力・感情・性的魅力・曇った眼。

重なっているようで、重なり合わない世界。
同じものを見ても、違うものを見ている。その違いの押し付け合い。


「おまえは間違っている」
「いや、本当に間違っているのはお前のほうだ」
「いやいや……」


…正解は、出なかった。
誰かが騒ぎに乗じて盗み出したのかもしれない。犯行予告なしの怪盗。

それでも、それぞれの孤独な道のりを歩いていく。

答え合わせは、百年後。



言葉は人に届くまでに空気抵抗で減衰して変質する。
その矢は届くべき場所にはなかなか届かない。伝えたかった事とは逆の意味で受け取られることすら珍しくない。赤い的の中心には当たらない。
会話はいよいよ漂流し、やがて呉越同舟したその舟は海の藻屑となった。
もはや誰と話していたのかもわからないし、どこを目指していたのかもわからない。
ただ、激流に呑み込まれた時の傷だけが残った。


馬鹿と鋏は使いよう。どんな論理も使い方次第で、人を傷つけたり助けたりする。
一般論で語り切れる人間は一人もいない。誰もが例外。
しかし皆、ステレオタイプな枠にはめようとしたり、自らはまろうとする。

「お前は間違っている」

誰かが、私じゃない私の像、蜃気楼のようなか細い像を見て言った。
その表情は、さながら大海に放り出された漂流者のようだった。



…声は、遠くなった。
部屋の掃除を続けよう。一つずつ丁寧に。

あとがき

昔、steamのセールで買って積んでたLIMBOをプレイしてたらこういう記事を書きたくなりました。モノクロの美しい世界と、パズルを解きながら少しずつ歩んでいく感じ。途中から自分を攻撃してくる人影も出てくる。もちろん、自分の精神性の反映でもあるわけですが。文章にモノクロ感を出せているかな?

…あとがきは私の未熟な文章を補足する役割もあれば、照れ隠しの役割もあるみたいですね。LIMBOは本当にプレイ中だし、受けた影響がゼロだとは思っていませんが。ゲームも芸術。

今回は妄想日記第3回。第2回はある萌え声・嘘つき女性ゲーム配信者が私たちにくれた勇気
「妄想日記」って何?という方には初回(「夜の自販機」 / 妄想日記・初回)に説明があります。

「夜の自販機」 / 妄想日記・初回

妄想日記とは?

これまで他人の作品の話が中心だったので、自分の話をしていこう企画第二弾。第一弾はこのブログの筆者は誰なのか?ということについて。(プロフィール的な内容)。

今のこのブログって、ゲームでも、音楽でも小説でも、特定の作品に関する記事が多い。それはつまり、その作品に興味がない人には用がないという性質のものだ。
そして、他人の作品について書くと、あんまりふざけたようなことは書きにくいし、真面目ぶったような内容になってしまうことが多い。
もちろん、それはそれでいいのかもしれないのだけど、書くほうとしてもそれだけだと疲れてくるし、読むほうとしても遊びがなさ過ぎてつまらない、と感じている方もいるのではないだろうか。

なので、もっと普遍的に、もっと多くの層に提供できるような形を考えたのがこの「妄想日記」。

「妄想日記」とは、ノンフィクションとフィクションが混在している日記形式の記事のことだと私は定義する。
つまり、過去の体験と妄想が入り混じっている日記。

完全なノンフィクションだと凡庸な私の人生では面白いことがなかなか起こらないし、完全なフィクション(小説)だと私の実力では誰も読まないと思う。なので両方をミックスしてみました。

この前置きを書いている時点ではまだ一文字も書いていないし、三日坊主で終わる可能性もある。また、ノンフィクション6割くらいの記事もあれば、フィクションが9割くらいの記事も書くと思います。

現時点での構想としては、CGとかを書いているイラストサイトが何年か書いているうちに上達していく、というような(最近はpixivとかの影響かそういうサイトも減ったという印象だけど)「メタ的な、個人ブログとしての物語」も含めて提供していければな、と考えている。

なので、下手くそで意味不明でつまらないものが出来上がったとしても、可能な限り消さずに残していきたいと思っています。お金をもらって提供しているプロではないしそういうスキルがないなら、下手な状態からの成長で勝負したい。


……ここまで前置きを書いていて思ったのだけど、文章が合理的過ぎて、遊びがなさ過ぎて、すでにつまらなくないか?

「夜の自販機」 / 妄想日記


夜、電車、帰り道。
アスファルトを踏みしめ歩いていると、いつもとは違う真新しい自販機があることに気づいた。

といってもまあ、驚くことはない、よくある缶コーヒーやジュースの類を売っているというものだ。

缶コーヒーは今から飲むと眼が冴えて眠れなくなるし、甘い飲み物も好きじゃない。通り過ぎようとしたら、視界の端に妙なものがあることが気になった。


――漫画だ。なぜ自販機の陳列の中に?

そして表紙にはデフォルメされた幼い印象の少女たちが微笑んでいる。


あ、これ、昔好きだったやつじゃん。いつの間にか読まなくなっていて、どんな結末を迎えたのかは知らないけど。
……あの頃は楽しかったな。

その漫画をよく見ると、何巻目かを表す数字が記憶よりもかなり進んでいて、表紙も全員集合、という感じなのでもしかすると最終巻?と思った。内容が知りたくなってきた。

当時の記憶がよみがえってくる。白い光の中の遠い景色。
どんな場所で読んでいた? 周りの人はどんな表情をしていた?


……値段は300円。高くはない。

財布から100円玉を3枚取り出そうとしたが、2枚しかなく、50円玉と10円玉を探したけど、合わせて90円分しかなかった。290円也。
しかたなく、1000円札を取り出して自販機に挿入した。が、何回入れても戻される。しわを伸ばしたり、裏と表を反転させても同じこと。

1000円札、崩せないかな? 近くにコンビニはあったっけ?


……いや、無かったな。
面倒だ、諦めよう。

また明日にしよう。


家路を急ぐ。肌寒い風が体を震わせる。


自販機はぼんやりとした電灯の人工的な光で、歩き出したその後ろ姿と、その漫画を、暗闇の中に浮かび上がらせていた……。


あとがき

なんか世にも奇妙な物語風になりました。自販機っていかにも都会のすきまって感じで、孤独じゃない?
そんなことを感じながら今日も生きています。この自販機はもちろんフィクションですが、主観的な体験としてはノンフィクションです。そういうのはノンフィクションとは言わないか。
あと、本文中に出てくる漫画は『ネギま』のイメージです。途中まで読んでたけど本当に結末知らないよ!


amazonレビューでラストひどすぎって叩かれててなんか笑えるww 読んでないから実際どうなのか知らないけどw

今回はいかにもフィクション的で小説的になりすぎたので、次回からはもっと日記っぽく書きたいです。あと笑いを入れたいです。さらっと読んで笑えるようなやつにしたい。
書いている人
konoha
konohaTwitter [ブログ更新通知も]

 「満たされない人生に、ゲームでささやかな楽しみと癒しを」をテーマに発信しているブロガー。

 他には好きな本・音楽等とも全力で向き合う。ニコ生と某掲示板ばかり見ている病的な人物。
 息苦しい国だけど、マイペースに、人どうしの違いを大切に。

嫌いな言葉は「明るく」「協調性」「頑張る」。学校が嫌いだった。

その他、詳しいプロフィール


初めての方へ→多様なジャンルから、当ブログのおすすめ記事を29本厳選した。

note [毒々しい創作関連]もやってます。
follow us in feedly

免責
 当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
 当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。