影絵の木の葉 ゲーム(特にフリーゲーム)/音楽/文学 等のレビューと感想

 "良い作品と出会い、より深く楽しむため"のレビュー・批評、そして思い出を熱くお届け。ゲーム全般・音楽・文学など。

このブログの筆者について

  • 【エニアグラム】無料だけど真剣な診断で自分の才能と性格を調べてみた。自信がないのは自分の強みを知らないからだ。
  • 個人的な散歩の楽しみ方!雨上がりこそが至高のタイミング。小さな新発見を探しに行こう。
  • ヒトカラとあの時代の感傷、シャ乱Q「シングルベッド」と20代・30代の懐かしいアニソンなどの好きな曲と思い出
  • 突然外国人に道案内を頼まれて、とっさに英語は出てこなかったけど自信がついた話
  • このブログを初めて訪れた方におすすめな29記事を厳選した。

【エニアグラム】無料だけど真剣な診断で自分の才能と性格を調べてみた。自信がないのは自分の強みを知らないからだ。

WS000310


自分にも隠れた才能があるはず!! まだ本気出してないだけだから!!

なんてね。でも、誰でも本当は長所があるはず。苦手なことばかりやらされて、そして批判ばかりされて、自分が本当は何が得意なのか見失ってはいませんか?

自分の「強み」と「弱み」、つまりかんたんに出来てどんどん成長していくことと、失敗ばかりでいくらやってもうまくいかないことをはっきりと認識しておくべきです。これ絶対。

これがわかっていないと、いくらやってもうまくいかないことに時間やお金をかけてしまい、それが無駄になります。そして自信がなくなり、他人からの評価も下がっていきます。何をやっても結果が出ず、幸福度も下がっていきます。

自分の『強み』さえ理解していれば、誰だってもっと自信が持てるはず!


でも、「……このエニアグラムという診断、当たるのか?」という疑問は当然あると思うので、実際に試してみました。

結論から言うと、ちょっと疑問がある。それも含めて書いていきます。続きを読む

個人的な散歩の楽しみ方!雨上がりこそが至高のタイミング。小さな新発見を探しに行こう。

photo-nic-co-uk-nic-148654

散歩は心身の調子が整う……そんなことは誰もが重々承知だと思います。でも、なかなかできない。やってる人の気持ちが分からないという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、散歩に一歩踏み出せない方はもちろん、新たな楽しみ方を発見したいという方にも向けて、私が感じている魅力を全力で伝えたいと思っています。ベストタイミングは雨上がり!深夜の散歩も楽しい!さあ歩き出そう!

若者でもお年寄りでも散歩は楽しい! その魅力は?

健康にいい・ストレス解消になり心身ともに安定するという話は誰もが重々承知だと思います。でも楽しくないと続かないですよね。こういうのは三日坊主ではっきりわかる効果が出るもんじゃないですしね~。

そこで私が感じている散歩の最大の魅力は「心身のリフレッシュ」に加え、「小さな新発見」です。

街角に植えられている樹木とか花とか、道路標識の形とか、些細なことに改めて気を留めるのが楽しいです。葉っぱの形とか、木の枝の広がり方とか、普段は通り過ぎてしまうところをじっくりと眺めてみるのもいいもんです。心が豊かになります。実は身近にまだまだ知らないことがたくさんあります。
続きを読む

ヒトカラとあの時代の感傷、シャ乱Q「シングルベッド」と20代・30代の懐かしいアニソンなどの好きな曲と思い出

この前、ヒトカラに行ってきた。久々に。

空気読んだ選曲とか、多人数カラオケとか超つまらんと思ってるけど、歌うこと自体は楽しい。一人で3時間くらい居た。こんな音楽エッセイを書きたくなるような、懐かしいような感傷的な気持ちになった。


カラオケボックスに入るなり、鬱な邦楽ロックアーティスト・ムックとかバックホーンを叫び始めた。未だに言葉にしきれない苛立ちを叩きつけるかのように、感情を込めて歌う。

これらのアーティストは、自分が命を救われるレベルで支えられたきた恩人であり、出会えなければ他人か自分かはわからないけど、死人が出ていたと思う。


しばらく叫ぶとのどが疲れてきたので、別のジャンルの曲にしようと思ったけど、すぐには思いつかなかったからデンモクで人気曲を雑に入れた。

ミスチルと、シャ乱Q「シングルベッド」の歌詞の”車”の意味

懐かしのポップスが流れ出した。ミスチル(Mr.children)か、一時期ちょっと好きだったけどやっぱり嫌いになって、でも改めて聴いて自分の中で再評価され始めていたような曲だった。

何だかんだでスキルはすごいんだよな……。あるいは他の、今でも好きになれないアーティストですら、自分よりもはるかにスキルが上だという現実に少し打ちのめされた。本当はどう反応すべきなのか、どう受け止めるべきなのかはわからない。ただの率直な心の動きだ。


次の曲はシャ乱Qのシングルベッドだった。「それでもこの年齢まで俺が 育てた裸の心は おシャレをしても 車替えても 結局変化もないまま」という歌詞に時代を感じた。
続きを読む

突然外国人に道案内を頼まれて、とっさに英語は出てこなかったけど自信がついた話

見知らぬ外国人との会話でも、「わからない部分」よりも「わかる部分」のほうが多かった。

この前、けっこう都会的な場所の道を歩いていたら、観光客だと思われる外国人に急に話しかけられました。どうやら韓国語で話しているようです。もちろん、言葉はわかりませんでした。ご年配の男女で、たぶん夫婦のように見えました。

適宜、韓国語だけでなく英語を織り交ぜて話しかけてくるのですが、重要な部分はうまく英語に出来ていない様子でした。「I'm sorry.」とか、英語風の発音の「地名」が聞こえてきました(英語風の発音って、相手からして外国人の自分にもわかるみたいですね)。

でも、相手が「道案内を求めている」こと、「どこに行きたいのか」など、普通にわかるんですよね。言葉が分からなくても、身振り手振りとか、大体の感じでわかるもんなんだなあと思いました。


こっちもとっさには自分の伝えたいことを英語にはできませんでした。長々と日本の英語教育を受けておきながら、実践的にはまともに使えないというレベルでした。(私の英語はハースストーンというゲームの、海外の情報を見る事以外にはいま日常的に使っていません。)

でも、身振り手振りとか、こちらの話していることはほとんど日本語なんだけど、とりあえず黙らずになんとか応じようとすれば相手には伝わったようです。

相手が行きたい場所まで、この看板の通りに行けばたどり着けますよ」ということを伝えることに成功しました。

相手はたぶん韓国語でお礼を言って去っていきました。状況とか、表情とか、声色でこれも理解できました。


道案内が終わった後、遠巻きに見ていた若い女の人がこちらを見ながら微笑んでいたのが印象的でした。


この体験の学びとしては、言葉が通じない、見知らぬ外国人との会話でも、言葉がわからないというだけで、人間同士「わからない部分」よりも「わかる部分」のほうが多かった。そして英語に出来なくても日本語でも伝えようとすれば十分に伝わるということでした。

そしてなんだか、やり遂げた感や自分に出来ることが増えた感があって、少し自信になったという話でした。

このブログを初めて訪れた方におすすめな29記事を厳選した。

影絵の木の葉」へようこそ。(最終更新:17/12/4)

当ブログは"良い作品と出会い、より深く楽しむため"のレビュー・批評、そして思い出を熱くお届けするブログです。要は鑑賞・批評です。多いジャンルはゲーム全般・音楽(鬱な邦楽ロック・日本語ラップ)・文学。

ゲームの中でもフリーゲームのレビューや感想記事が多いです。創作作品全般が好きなので、漫画とか映画などについても書いてます。物語や心理的な面の考察が得意です。

病んでる感がある記事が多めで、キラキラした感じが苦手な方におすすめです。でもゲーム系はそうでもなく割と万人向け。

自分でブログを始めるまではあまりブログを読む習慣がなく、どれくらいの感じでかけばいいのかよくわかっていなかったので、昔の記事は硬めに書きすぎていました。なぜ発狂していたり喜んでいるのかが伝わりにくかったと思います。なので、リライトが完了した記事からご紹介しますね。

2017年12月現在(運営期間1年5か月)で、208本の記事があります。その中でもおすすめな・人気のある記事を29本厳選してご紹介したいと思います。これらを読めばこのブログがどういう内容なのか大体わかります。随時更新して追加します!

記事29本と数は多めですが、雑記ブログなので興味がないジャンルはスルーしてください。

もくじ 続きを読む
書いている人
konoha
konohaTwitter [ブログ更新通知も]

 "良い作品と出会い、より深く楽しむため"のレビュー・批評、そして思い出を発信しているブロガー。好きなゲーム・音楽・文学などと全力で向き合い、熱く本音で語っていく。

 もう今は友達もほとんどいないけど、むしろそのほうが楽しい。昔のあの日々の傷を癒したい。懐かしさや感傷に浸りたいと思っている。ニコ生と某掲示板ばかり見ている病的な人物でもある。

息苦しい国だけど、マイペースに、人どうしの違いを大切に。

嫌いな言葉は「明るく」「協調性」「頑張る」。学校が嫌いだった。

その他、詳しいプロフィール


初めての方へ→多様なジャンルから、当ブログのおすすめ記事を29本厳選した。

note [毒々しい創作関連]もやってます。
follow us in feedly

免責
 当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
 当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。