影絵の木の葉 ゲーム(特にフリーゲーム)/音楽/文学 等のレビューと感想

 "良い作品と出会い、より深く楽しむため" のレビュー・批評、そして思い出を熱くお届け。(ゲーム全般・音楽・文学など)

このブログの筆者について

憎しみのエネルギーで発電して儲けたい。(あるいは日記的なコンテンツの価値とは?)

今の世の中には、あまりにも強い憎しみを抱いている人がたくさんいる。よくもそんなに熱烈なアンチ活動ができるな、と思わせるような人がたくさんいる。

これは他人事ではなくて、私自身もその中の一人だ。今のところ特定の個人を攻撃することはしていないけれど、いくつかのトピックについて、並々ならぬ憎悪と殺意を覚えるような意見や行動がある。

関連note私は何かを殺さないために、何かを攻撃する文章を書いている(公式のコンテンツ会議でも紹介されました!アッピルすみません。書くことでどこかへたどり着きたいと思っているので)


凄まじい量の憎しみが渦巻いている国だ。じゃあ、これを簡単に何か「より有益なものへと変換」出来たらみんな幸せになれるんじゃないかと思った。

(「どうしようもなさ」「行き詰まり感」がさらにそういう感情を増幅させているように見える。自分が幸せになるよりも、嫌いな奴を不幸にしたいという気持ちのほうが強いというのは共感する。正直なところ)


その変換の例が、タイトルにもした発電だ。発電


(※この記事は以前にnoteに投稿したものをブログにも持ってきています。最近はnoteで書くことが増えてきています。ツイッターをフォローしておけば、スムーズにアクセスできます

続きを読む

いつもの喫茶店で聞こえてきた男性二人組の"興味深い"会話に、考えさせられた

別に盗み聞きをしていたつもりじゃない。

その喫茶店の店内はこじんまりとしていた。さらに二人の男性のうちの一人は、自分の信念や情熱を傾けているトピックについて語るとき、声が大きくなるという癖があるようだった。

その会話は自然と耳に入ってきた。しかし迷惑というほどではなく、むじろほほえましさを感じさせるようなものだった。

それほど重要ではないと考えられているトピックについては、聞こえてこない。聞き手に回っているもう一人の男性の言葉もよく聞き取れない。それくらいの距離感だった。


(※この記事は以前にnoteに投稿したものをブログにも持ってきています。最近はnoteで書くことが増えてきています。ツイッターをフォローしておけば、スムーズにアクセスできます

続きを読む

インスタグラムで自分が撮った写真を海外へ発信して楽しかった話

大げさなタイトルですけど、大げさな規模なのはインスタグラムであり、自分の実力では全然ないです。まだ投稿5件の初心者アカウントです。

それでも、自分の目で見た景色を写真にして海外の人にまで届けられるというのは、なかなか新鮮な体験でした。


(※この記事は以前にnoteに投稿したものをブログにも持ってきています。最近はnoteで書くことが増えてきています)


以前に(3か月前)、キラキラしてない人が、instagramでも詩を少し投稿してみた感想と考察というnoteを投稿しました。ここに自作の詩を海外にも発信してみたいと書きました。

しかし、
海外の人の生活をあまりリアルに想像できないし、
ふだんどういう言葉に触れているのかもリアルに想像できないし、
自分の英語力では細かいニュアンスの違いもよくわからないので、
その試みは難航し、いつしか忘れかけていました。

続きを読む

人の名前を呼ぶのが苦手だった。そういう人いません? ……あと一人称についての戸惑い。

大学生くらいの頃まで、人の名前を呼ぶことに抵抗感があった。人の呼び方には、距離感が表れているから。

「○○さん」「○○くん」「○○!」(名字や下の名前)
「(ニックネーム)」「(ふざけた感じでごまかした呼び方)」
「(他の人と同じ呼び方?それでもどこか不自然さがある)」

最近はそれほどでもない。自信がなかったのかな。

これは興味があるテーマだけど、はっきりとした理由がよくわからない。


(※この記事は以前にnoteに投稿したものをブログにも持ってきています。最近はこっちで書くことが増えてきています)


その理由を考察してみる

私はその場の状況をよく観察し理解して、お互いに得がある(Win-Winな)提案や行動をなるべくしようとする。日常から仕事まで、ほとんど何事についてもそういう性質がある。

逆にいえば、その場の状況がよくわからないうちはあまり動けない。観察と分析、理解にまず集中する。そして10代の頃は状況がよくわからないことも多かった(当たり前だし、今ならよくわかっているということでもないけど)。

続きを読む

【重要告知】「作品」に、気の利いたコメントやレビューが出来るようになる5つのコツ!(対象は映画、音楽、ゲーム、漫画、小説など)を、書きました。

note-review-title4

noteに書きました!

noteとは、登録不要でブラウザから簡単に読めるコンテンツのプラットフォームです。また違った形のブログのような場所と思ってもらって構いません)

内容はタイトルの通り。映画や漫画や小説などの、ストーリー性のある作品全般についてのレビューや気の利いたコメントの方法。

そのまま使って周りの人を一歩リードしてもいい。

また、これは作品を深く理解して、じっくりと味わう方法でもあります。こっちも大切。

好きな作品を深く理解することは、とても気持ちよく時間を忘れるくらい楽しいことです。

なので、私はずっと表現作品のレビューをやり続けてきたわけです。


このブログに2年間で約250記事を書いてきた。その過程で得た学びを詰め込んだnote

書き続けるのってかなり大変です。ブログを始めた人の9割が3か月も継続できない、と言われています。

でもおかげさまでなんとか約2年ほど続けられました。

そしてこのnoteには、その過程で得た「作品」のレビューやコメントについての学びをわかりやすく、誰でもすぐ使える形にして詰め込みました。ぜひ読んでみてほしいです。

途中から有料になりますが、無料部分だけでも独立した有意義な内容になるよう、しっかりと力を入れて書きました。

無料部分だけでも構いません。ですが内容に興味がある方はもちろん、私の活動を応援してくださる方は缶コーヒーをおごるような気持ちでぜひ。コーヒー好きですw


>>「作品」に、気の利いたコメントやレビューが出来るようになる5つのコツ!(対象は映画、音楽、ゲーム、漫画、小説など)

値段は先着5名までは150円。それ以降は値上げしていきます。本格的な宣伝活動(来週あたりから動いていきます)をする前に気づいてくれた、いつも見てくれている方を優遇したいので。

ちなみにこれは、昨日の夜にひっそりとツイッターとnoteで公開し、すでに2部売れています(最大級の感謝を!)。

本当にありがたいことです。誰にも相手にされない可能性もあると思っていました……。


購入して最後まで読んでくれた方も、無料部分だけの方もけっこう「いいね!」してくれています。素直にうれしいです。


では、これを読むことによっていったいどのようなメリットがあるのでしょうか? それについても書いていきますね。続きを読む
書いている人
konoha
konoha(コノラス)Twitter

ゲーム・音楽・小説など、クリエイティブなものに触れていないと死ぬブロガー。(月間アクセス数は約1.5万)

良かった作品の感想やレビューを、熱く・詳しく語ります。「攻めてる・本音の・繊細な・戦略的な」作品が好み。

自殺しそうになったので、もう頑張らないことにしました。ネットが友達。学校が嫌いだった。

その他、詳しいプロフィールと個人史

▼初めての方へ
多様なジャンルから、当ブログのおすすめ記事を29本厳選した。

▼noteに喜怒哀楽をぶつけてます
(過去の重い話や、好きなことで生きていくための戦略なども)
note:@sdw_konoha


ツイッター・Feedlyはこちら
ツイートしてます
全力のおすすめ特集・まとめ
超厳選! 名作フリーゲームRPG 9選
過去数年間に遊んだ、200本以上の作品から!

実際に使って比較! ゲームや本をネットから売れるおすすめサービス 5選
その終わったゲームや本、ネットから簡単に売れますよ。高値が付くかも?

Steam おすすめゲーム 7選 低スペック可・安め
Steamで買えるゲームから、安くて低スぺでも遊べる作品をおすすめ。

超個人的・村上春樹作品ランキング
村上春樹フリークの私が選びました。本をあまり読まない方にも!

死にかけた人間が選ぶ! 邦楽・鬱ロック
何度も命を救われてきた名曲たちをご紹介。音楽は命綱。

カテゴリー
免責
当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。

当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。

当サイトは投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの仮想通貨などに関する情報は個人的な見解に基づくものであり、その正確性・有用性などについて保証するものではありません。閲覧者が当サイトの情報を利用したことで被ったいかなる損害についても当サイト運営者は一切の責任を負いません。投資は閲覧者自身の判断によって、リスクを十分に理解した上で自己責任で行ってください。