影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想

 自称・ゲーム/ニコ生評論家が文化的なことについて、熱っぽく本音で語っていきます。

初めての方へ
 近頃は、ゲーム関連とニコ生等について書いていることが多いブログです。PC用フリーゲームに関心がある方には、最近のおすすめ名作フリーRPG8選(2016年版)VIPRPGのおすすめ名作・傑作12選まとめ(2016年版)がおすすめ。  フリゲ以外に関心がある方はそのカテゴリの記事か、下の過去記事セレクションあたりがおすすめ。
過去記事セレクション(3/19):
最近のおすすめフリゲ:【長めレビュー】『グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底で』中編RPG『リリアン・クー』中編RPG『戦海ディザイア』短編RPGVIPRPG紅白2016から選んだ8作品の感想とレビュー

VIPRPG祭り(GW・夏の陣・紅白)感想とレビュー

  • (随時更新)VIPRPG紅白2016から選んだ作品の感想とレビュー 現在8作、2/1更新
  • ここ2か月くらいのVIPRPGツクスレ投下ゲーから4作のピックアップ
  • VIPRPG GW2016から選んだ5作品の感想:『ダークネスウィンド&ロボ』『The Happy Keeper』等
  • VIPRPG紅白2015から選んだ4作品の感想:「KB2」「もしもライチが妊娠しちゃったら」等
  • VIPRPG夏の陣2016から選んだ7作品の感想

(随時更新)VIPRPG紅白2016から選んだ作品の感想とレビュー 現在8作、2/1更新

 ツクール製フリーゲームの祭典、VIPRPG紅白2016が12/24に開幕(ゲームの公開開始)しました!RPGツクール、特に2000に特別の愛着を持っている私としては心待ちにしていたイベントの一つです。フリゲ2016(年度ごとにフリーゲームに投票する企画)の得票数上位にもVIPRPGの作品があり、その位置はますます重要なものになっていると感じています。
(余談ですが、フリーゲームにおいては、たとえ一票でも、たとえ一つの感想コメントでも、作者のモチベーションに大きな影響を与えるものだと思います。私もその一票になれることを願いながら筆を続けたいと思います)

 全ての作品をプレイする時間的な余裕はおそらくないと思いますが、少しずつプレイして特に面白いと感じた作品について書いていきたいと思います。
 私も近頃エターなってばかりなので、作品を完成させた方々に改めて敬意を表します。家庭用でもPC版でもRPGツクール等のゲームコンストラクションツールを触った方なら容易にわかると思いますが、短編であったとしても一つのゲームを完成させるのはなかなかに難しいので……。バグ修正とかバランス調整も含めて。


※RPGツクール製の作品をプレイするためにはRTPが別途必要で、またVIPRPG作品は実行ファイルが抜かれているのでRPGツクールローダーの使用をおすすめ
します。

 新しいゲームが公開され、私がプレイし次第、この記事に追加更新したりリンクを貼っていくので、興味がある方はブックマークしておくのもいいかもしれません。また、この記事で気になった点として挙げたことは私のプレイ時点のものであり、アップデートされて事情が変わっているかもしれません。

もくじ

続きを読む

ここ2か月くらいのVIPRPGツクスレ投下ゲーから4作のピックアップ

 ここ最近、私もなかなかゲームをするためのまとまった時間が取れていませんが、時間がない方や本格的な作品をプレイするエネルギーが無い方にもおすすめな掌編作品を、最近のVIPRPGツクスレに投下されたものから私が実際にプレイして特に気に入ったものを4作ほどご紹介したいと思います。期間は2016年9月~11月あたり。ダウンロード先は自動保管庫さんをリンクさせてもらっています。

※VIPRPGツクスレは、「ゴメスオチ」(主人公アレックスを海賊ゴメスが掘る)というものが定番となっているような感じの場所なので、下ネタや同性愛的な表現を含む作品が多数あります。苦手な方はご注意ください。
また、「もしも」の世界観を前提としている作品が多数あります。

セカンド目のksg



 とあるダンジョンを探索に来たアレックスはMPが尽きてしまい、脱出魔法のエスケープが使えなくなる。そこでMP回復アイテムのマジックウォーターが入ってないかと袋小路にある宝箱を開けてみたが中身は空。しかしそれこそがゴメスがアレックスの尻を狙うための罠だった。
 ksgっぽい感じとジョジョっぽい頭脳バトルの組み合わせが面白かった。メニュー画面をあえてプレイヤーに確認させる演出も良い。ひどいけど白いわてりがかわいい。ダウンロード

もしも階段がなくなったら



 階段がなくなったので代わりにハシゴを使う魔王把握。それだけのことだけど妙に新鮮で発想が面白い。キャラの反応も良い。ダウンロード

アンチドーテー



 VIPRPGやその他のRPGでおなじみの解毒薬のアンチドーテではなく、「アンチドーテー」。効果は「童貞は死ぬ」。6分程度の寸劇の中に笑えるポイントがたくさん凝縮されている力作。ダウンロード

なんでも知ってる二人



 「nnkr」(なにこれ)というタグが付けられている不条理ギャグっぽい感じの作品。ニコニコ動画黎明期に流行した遊戯王MADをほうふつとさせる(遊戯王やアカギのパロディネタも出てくる)。脈絡がなくシュールな感じでなんか面白くて笑える。ダウンロード


今日のひとこと

 VIPRPG紅白2016のサイトがオープンしましたね。私もわくわくしてきました。





VIPRPG GW2016から選んだ5作品の感想:『ダークネスウィンド&ロボ』『The Happy Keeper』等

 VIPRPG GW2016で公開されている作品をプレイし(現在、気になった作品から始めて約20作をプレイ済み)、個人的に印象に残ったり、特に面白いと感じた作品について感想を書いていきたいと思います。

 VIPRPG作品はRPG_RT.exeが抜かれているので他のツクール2000作品から持ってくるか、RPGツクールローダーを使うのがおすすめ。

No.03 The Happy Keeper

WS000241 制限時間内に素材を集めて砦を強化したり、アイテムを買ってキャラクターを強化したりして迫りくる巨大な敵から拠点を防衛するゲーム。1プレイ30分ほど。
 オリジナリティのあるゲームシステムなので、要領がつかめるまでは戸惑うかもしれないが、慣れてくるとスリリングで楽しめる。
 手書きの絵本のように表現される童話的なストーリーも魅力的。

No.05 Win' Wind' Windy

 かなり面白いアクションパズルであったと感じたので繰り返し挙げたが、本作については別記事(VIPRPGおすすめ12選#パズル)にて触れているのでそちらを参照してほしい。

No.18 ダークネスウィンド&ロボ

WS000222 本作はジャンルの欄に「デフォ戦RPG~Z級映画の風味を添えて~」を書かれているが、その看板に偽りなしという内容であると思う。プレイ時間は30分程度。私はZ級映画というジャンルに詳しくないが、B級映画的なストーリーだった。その内容は、やみっち、ウィンディ(本作では凄腕ハッカー)、マキナ(ロボ)達が力を合わせて、ゾンビがはびこる施設で「アイシクルウイルス」の危機に立ち向かうという、いかにもな感じのものである。
 作者コメントから推察するに、本作はザハークさんの処女作であると思われる。「処女作にはその作家のすべてが含まれる」という言葉もあるが、私はこの短編作品の中にセンスと様々な美点の萌芽を感じた。確かに演出等に洗練されていない不自然さを感じるシーンもあったが、「Z級映画の風味」の中に溶け込む「味」の範囲内であったと思う。ストーリー面では、短編であるが熱いシーンはしっかりと熱く(こんなにもかっこいいメカゴの「おーっと」を初めて見た)、悲しいシーンはしっかりと悲しく、ポイントを押さえておりプレイヤーを飽きさせない。ゲームシステム的にも、デフォ戦であるがダークネスとロボの性能差がはっきりとしていて個性的であったり、武器やアイテムの購入の選択肢が多かったり、寄り道して強いアイテムを入手したりとRPG的な楽しみが存分に盛り込まれている。約30分のプレイにおいて濃密な時間を過ごす事が出来る作品であったと感じた。
 個人的にはGW2016でプレイした作品の中では、本作『ダークネスウィンド&ロボ』か『Win' Wind' Windy』あたりが一番面白かった。

 (余談ですが、 私もVIPRPGの祭りで処女作を公開した時のことを思い出した。ストーリー面では、あるシーンでは率直過ぎてキャラクターのセリフなのか作者の言葉なのかわからなくなっていたり、一方別のシーンでは描写力が足りないあまりに抽象的すぎて物語が伝わっていなかったりしていた。ゲームシステムも独自のものなのに説明不足でついてこれないプレイヤーも多かったと思う。しかし、感想掲示板やレビューサイトの時に厳しく、時に暖かいコメントのおかげで第二作を作ろうという気になった。)

No.20 わてり無双

WS000220 プレイ時間30分程度のステージクリア型の2D見下ろし型アクションRPG。本作ではウィンディが増殖し、悪役を務めるストーリーとなっている。
 タイトルに「無双」とあるが、わてりの攻撃範囲が狭いので「無双」シリーズよりも冷静な距離の調整や位置取りを求められる。ステージをクリアした時に獲得できるゴールドを消費して、武器(攻撃範囲が変わる)、前方2マスにジャンプできたり地形ダメージを無効にしたりできる等の靴、ドーピングアイテムを購入できる。さくっと遊べる作品という感じ。
 ちなみに私は、最初に買った「サイズ」(だったっけ?)の使いづらさに驚愕し、それ以降はずっとホーリーメイスと前ジャンプを使ってあとはドーピングに全振りしてクリアしました(感想掲示板を見ると、色んなスタイルが成立するようだ)。

No.37 最高の女

WS000234 とても個性的なデフォ戦作品。独特の雰囲気は人を選ぶかもしれないが、RPGとしてもしっかりとした作りになっている。短編とあるがそれなりのボリュームがある。
 神聖おちょげ帝国(デフォルトネーム)を治める教皇様(主人公)が、公園で襲われている尼さんを助けて、その尼さんがくつしたを落としていったというところから物語は始まる。
 ゲームシステムはいろんなところを歩き回れるデフォ戦で、属性や敵・アイテムがしっかりと設定されているので楽しかった。独自のセンスが光るイベントも豊富で、戦闘を重ねることによってラインナップが更新される店等のシステムも良かった。

 以上、5作品について書かせていただきました。まだ先の話ですが、VIPRPG GW2016の作品についてもプレイして記事を書いていく予定。
 
ひとつ前の祭りの紅白2015の感想はこちら。ひとつ後の祭りの夏の陣2016の感想はこちら。

VIPRPG紅白2015から選んだ4作品の感想:「KB2」「もしもライチが妊娠しちゃったら」等

追記:VIPRPG紅白2016の感想・レビュー記事はこちら

 若干遅きに失した感はあるが、VIPRPG紅白2015で個人的に気になった作品をようやくプレイする時間が取れたので4作品についての感想など。このブログの方針として、「有名作品はすでに各所で活発に語られているのでほどほどに、そうでない作品を重視する」というものがあるのでご了承のほどを。あと、私の好みは上のブログの説明文に書いてある通りです。
 VIPRPG作品はRPG_RT.exeが抜かれているので他のツクール2000作品から持ってくるか、RPGツクールローダーを使うのがおすすめ。

No.20 もしもクトゥルフ神話TRPGして遊んだら

WS000085  クトゥルフ神話TRPGのリプレイ見るゲ。クトゥルフ神話TRPGの不気味で謎めいた感じと、"もしも"の楽しい雰囲気が融合している質の高い作品。シナリオは2010より「奇妙な共闘」。おまけとして「クトゥルフ2015の解説」もある。
 ゲームマスターとしていい味を出しているアレックスと、やみっちライチウィンディわてりむーちゃん達が謎めいた事件に挑む。TRPGの即興性や、プレイヤーによって展開が変わるという魅力が存分に発揮されていたと思う。私はTRPGを一回しかやったことがなかったが、これをきっかけに興味を持った。
 ニコニコ動画などでリプレイを漁ったりもしてみたが、ジーノ氏製作の本作のシリーズ(他にも夏の陣2015 No.9,GW2015 No.30,紅白2014 No.64がある。すべてプレイしたがどれも面白かった)が結局一番面白かったと感じた。さらに、同じ紅白2015にはNo.06 魔法達のCoC~魚人間達の街からの脱出~があるが、こちらもまた違った感触で面白かったのでおすすめ。

No.29 もしもライチが妊娠しちゃったら

WS000082  タイトルからは全く想像がつかないが、なかなかよくできた2Dダンジョン探索RPGである。私が実際にプレイしたのは『もしもライチが妊娠しちゃったら。』の体験版完全版(16/6/01)VIPRPGツクールスレ 11代目手動保管庫)である。現在の最新版でも体験版という括弧書きは取れていないが、すでに4時間くらいは遊べたはずだ(少し前にプレイしたので、記憶がおぼろげだが)。ツクールローダーでプレイする場合、zipを解凍しないとエラーが出るので注意。また、セーブデータは完成版に引き継げるとのコメントがある。
 ライチがVIPRPGではおなじみの戦闘アニメでスイカを食べたために妊娠して、やみっちがその謎を解くためにダンジョンへと挑む。敵がドロップする素材を集めて新たな装備を買ったり、スキルポイントを消費して自由度のあるスキル習得を行えるなどダンジョン探索RPGの王道を行く楽しみがある。戦闘はツクール2000デフォルトのものであり、最初に必ず演出が入るので若干テンポが悪いとも感じられるが、ボス戦にはギミックがあったりと工夫されているので体験版ではあるが十分に楽しめると思う。私はダンジョン探索RPGというジャンルが好きなのでかなり楽しめたし、完成版が公開されたら必ずやるつもりだ。

No.71 ザ・エレパンカー

WS000087 「人造人間を作るアルケミストの一人であるフードの男に依頼が来た。内容は事故が起きた研究所の調査と原因の解決。フードの男は承諾し、人造人間製のエレパンカー達を連れて都市ケミストリーに向かった。ゲームの目的は、研究所で事故が起きた原因を調べる為、頂上の21階にたどり着く事」(readmeより)
 近未来SF風な世界観が魅力的な、作者様曰く「ローグライクライク」RPG。ダンジョンのマップは自動生成され、戦闘は軽快な自作戦闘。レベルはダンジョンから出ると1に戻るが、お金を消費して恒常的な成長も可能だ。セーブは5階層ごとに出来、ロードの制限もない親切設計。ローグライク的なターンの概念や腹減りはない。ローグライク的な強いアイテム・武器・スキルの拾得の楽しみはある。
 本編はローグライクっぽくないさくさく進行と成長が面白かった。続けて難易度が上がった「裏モード」にも挑戦してみた。専用のアイテムや敵・スキル等が追加されており、単純に難しくなっただけではなくこちらはローグライク的に楽しめた。武器破壊が鬼畜。
 本作の作者・F-man氏は他にもオリジナリティのあるゲームシステムの作品を制作されている方で、私がプレイした中では、インフレしていくテンポの良い成長とマップを歩き回るのが楽しいRPG『Eat More!』(GW2015)や、手書きの童話的ストーリーも魅力的な防衛ゲーム(巨大な敵が来るまでに砦で迎撃の準備をして大砲や矢・直接攻撃で戦う)『The Happy Keeper』(GW2016)もおすすめ。

No.76 KB2

 著作権的な問題でSSは掲載していないが(リンク先で見られる)、KB(カービィ)を操作して、ステージ内に一つだけある鍵を持った状態でゴールの扉に触れるとクリアとなるアクションパズル。全50ステージ。最初の場所の石板に書いてある説明を読むと、覚えることが多そうだなという印象を受けるが、序盤のステージがチュートリアルを兼ねていてさくさく進みながら自然と覚えられる。マリオワールドに登場する色がついたブロックをスイッチで出現・消去を切り替えたり、ヘイホーを利用するステージのギミックが楽しかった。パズルに特別親しんでいないプレイヤーの私の立場から気になった点としては、一目で解法が分かってしまう簡単なステージ(けっこうある)といくら悩んでもわからないステージ(少数)のように難易度がやや極端ではないかと感じた点だ。中間くらいの難易度のステージがもっとあれば私にとっては嬉しかった。しかし、十分楽しめるゲームだったと言えると思う。
 ちなみに全50ステージ中、私がクリアできなかったのは35,42,43,48である。パズルゲームにおいて意外と重要な要素だと思われるBGMについても、私の記憶が確かならばカービィボウル(SFC)のものが使われており、ずっと聴いていたくなるような優しさと懐かしさを感じた。
 一つ注意しなければならない点としては、わからなかったステージ等を飛ばすためには、テストプレイモードで起動して変数を直接いじらなければならないということだ。これはツクール2000ユーザーにとっては特に問題ないと思われるが、そうでない人は戸惑うかもしれない。テストプレイモードで起動する簡単な方法の一つは、RPGツクールローダーを使うことである(チェックボックスをクリックするだけ)。いちいちRPG_RT.exeをフォルダ内にコピーしてきたり圧縮ファイルを解凍する必要もなくなるので、これを機に導入してみることをお勧めする。余談だが、ツクール2000(開発ツール)のテストプレイから起動すると(上述のテストプレイモードとは別)、デフォ戦の演出が短縮され割と高速化するのでツクール2000ユーザーにはお勧め(まあ、持ってる人は知ってるか…)。
 VIPRPGのアクションパズルをもっとやりたい方は、最近の作品ではしろくろシンドローム(夏の陣2016)やWin' Wind' Windy(GW2016)なども非常に高水準なのでおすすめ。



 懐かしい。昔、めちゃくちゃはまった記憶がある。当時はネットもあまり普及していなかったこともあり、攻略情報なしで「金」の評価が獲得できるまで何度もやった記憶がある。コピー能力はUFOが好きだった。能力でゴールに入ると音が変わるのがいいね(からんからん)。

[ 今日のひとこと ]
 私がこのブログを始めた大きなきっかけの一つは、フリーゲーム作者を自分でもやってみて感じたことがあったということです。それは、有名作者のゲームはたくさん感想がついて活発な議論が行われるんですが、(私を含む)そうでない作者のゲームはあまりプレイされなかったりそんなに感想コメントをもらえないこともあるという感覚です。そういう荒削りなところもあるかもしれないがユニークなところやオリジナリティのある作品や、埋もれている作品を少しでもピックアップしていけたらいいなと思っています(まだまだ出来ていませんが)。

VIPRPG夏の陣2016から選んだ7作品の感想

追記:VIPRPG紅白2016の感想・レビュー記事はこちら

 VIPRPG裏夏の陣2016でプレイしてみて気になったゲームの感想を書いていこうと思います。もちろん全作プレイしたわけではないので、良作を見逃している可能性は多々あります。現在21作品をプレイ済み。

No.3 やみっちの闇鍋

WS000000 見るゲ掌編集。この方の作るksgはハイセンスで笑えます。もしもキャラの見るゲは食傷気味、という方もやってみる価値はあると思います。「やみっちを犯すのが楽しい」「無敵のバリアー」「やみっちが売春を始める」あたりがお気に入りです。

 あと、15編以上プレイするとエンディングが出現するのですが、これはまた違った意味でレベルが高いです。シリアスで長めの見るゲが始まるのですが、丁寧かつ無駄のない描写でどんどん感情移入させられます。

No.9 ヨロズ英雄譚

WS000001 サガ・フロンティア1風の自作戦闘を搭載したRPG。戦闘だけでなく、ストーリーや世界観、BGMまでもがサガフロチック。もちろん技のひらめきもあるし、たくさんのキャラクターを仲間にできる。

 本家サガフロよりキャラクターの会話が多く、ストーリー性が高いところも良かった。作者の方のサガフロ愛を感じる。

No.18 しろくろシンドローム

WS000002 完成度が高いアクションパズル。キャラクターをゴールの扉まで移動させるのが目的で、その過程にある障害を二段ジャンプやブロック破壊で乗り越えていくのだが、それらのスキルは使える回数が制限されているため、どの手順で使うのかを試行錯誤するのが楽しい。

 ルールもシンプルで、難易度もちょうどよかった。ただ私はパズルがあまり得意ではないのでステージ21以降はほぼ解けていないが、パズルフリークの方々にはとても好評なようだ。

No.28 祓うもの ~Exorcist~

WS000004 現代和風短編RPG。オリジナルの絵が良い雰囲気を演出している。戦闘はツクール2000デフォルトのものであることもあってか、若干のテンポの悪さを感じないでもなかったが、独自の世界観の魅力の前には大した傷にはならないだろう。

 「成仏は仏教用語だよぉ」というようなセリフがあったり、武器や防具の説明文等に作者の方のバックグラウンドとこだわりが感じられる。余談だが、私としては、主人公の親が出てくるところに注目してみたいと思った。

No.46 忘れ去られた散水塔と追跡者の詩

WS000003  不思議な世界観の短編RPG。戦闘はデフォ戦だが、距離の概念が導入されており、距離によって使用できるスキルが変わる。また、スキルの習得も選択式になっており(左の画像)、振り直しも割と気軽にできるので敵に合わせて戦闘スタイルを変えられる。
 私はノーマルモードでプレイしたが、雑魚はさくさく、ボスは程よく悩まされる難易度がちょうど良かった。
 ストーリーは独特で、下手にあらすじをまとめるとまだやっていない方に変な先入観を与えかねないのであえて突っ込まないでおこう。あと、夢の描写がとても気になる。

No.48 謎が謎を呼んでいる

WS000060 独特なユーモアのあるほのぼのとした見るゲ。とても気に入ったので2周しました。

 詳しくは別の記事にて書いています(『謎が謎を呼んでいる』独特なユーモアが楽しい気楽な短編VIPRPG見るゲ)。

No.51 もしも闇のゲームだったら

WS000373 もしもキャラが登場する遊戯王を題材にした見るゲ。私は最近の遊戯王は全然知らなかったが、説明が丁寧なので問題なくデュエルの流れをスムーズに追って楽しめた。

 演出もいいし、最近の遊戯王を知らない方でもカードゲーム好きには特におすすめ。


 以上、7作品について感想をまとめましたが、まだまだ公開されていない作品も多いので順次プレイして感想を書きたいと思います。

こちらもおすすめ: VIPRPGのおすすめ名作・傑作12選まとめ(2016年版)


 懐かしい。メカが強かったり、アセルス編の独特な雰囲気に魅せられたり、ジャンク屋でお金増やしたりしたなぁ…。
書いている人:konoha
この世は生き地獄。争いが果てぬ阿修羅の世界。創作の光だけが救いだ。

ネットの暗部ばかり見ている病的な人間です。
好きなものは、ハースストーン、ニコ生、格ゲー界隈の配信、syrup16g、村上春樹、ユング心理学。詳しいプロフィールはこちら。

好きなフリゲは、セラブル、アナザームンホイ、ワールドピース&ピース、ざくアク、ドグマの箱庭シリーズ、ひよこ侍、他多数。
follow us in feedly



免責
当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。