影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想

 ゲーム/ニコ生評論家(自称)が文化的なことについて、熱っぽく本音で語っていきます。自分に嘘はつけない。

その他

  • [ライブドアブログ] カスタマイズ・独自タグで記事タイトルリストを作る
  • ゲーム以外(音楽・小説・コラム等)の厳選10記事+過去記事まとめ
  • 囲碁と将棋の話:アニメ版『ヒカルの碁』を観て

[ライブドアブログ] カスタマイズ・独自タグで記事タイトルリストを作る

 ライブドアブログのユーザー向けの記事となります。記事タイトルリストとは、当ブログのトップページ等に表示されている記事のタイトル(リンク付き)のリストのことです(画像参照)。

WS000142m
続きを読む

ゲーム以外(音楽・小説・コラム等)の厳選10記事+過去記事まとめ

私の個人主義 (講談社学術文庫)   ニーチェ全集〈5〉人間的、あまりに人間的 1 (ちくま学芸文庫)

 今までに書いてきた記事のカテゴリ:「小説」「音楽」「エッセイ・雑感」「映画」「ニコニコ生放送」等についてのピックアップとまとめです。太字は反響があったり、特におすすめな記事。初めての方には厳選10記事ピックアップがおすすめ。
2016年12月12日最終更新。最新の分は反映が割と遅れます。そちらについては最新記事からどうぞ。)

目次

厳選10記事ピックアップ(まずはここからがおすすめ)

エッセイ・雑感(ゲーム関連が多い)

音楽

小説

映画

ニコニコ生放送

囲碁と将棋の話:アニメ版『ヒカルの碁』を観て

ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 ニコニコ生放送の公式番組でアニメ版『ヒカルの碁』を観て非常に面白かったので、続けて観ています。漫画版は以前に全巻読んでいるのですが、けっこう昔なのでほどよく忘れていて新鮮に楽しめています。やはり優れた作品というものは、観る人や時期によって違う表情を見せてくれるものですね。

 昔読んだときは、主人公・ヒカル達などの若い人にばかり感情移入していた気がしますが(まあ、少年漫画だということもある)、改めて見直すと彼らを取り巻く大人たちも活き活きと魅力的に描かれていることに気づきます。プロ棋士を目指すことに対して心配し戸惑うヒカルの家族、プロ試験を監督し見守る年老いた人、仕事を辞めてまでプロ試験に臨んだが結果が振るわず去っていく人々、ヒカルの才能に驚く人々、プロとして「新しい波」を待ち受ける棋士達…。プロ試験は27戦(約3か月間)の長丁場なので、(季節に関する描写は多くはありませんでしたが)受験生たちの服装の変遷(半袖シャツからダッフルコートへ)に季節の移り変わりと戦いの長さを感じます。
 また逆に、ヒカルを挑発してくる12歳の少年に対して(以前は主人公に感情移入しているので)ヒカルと同じように「苛立ち・闘争心」を感じていたような気がしますが、今見直すと「かわいい」とか、「少年らしい健康的な感情表現で、見ていて気持ちがいい」と感じるようになっていました。彼らの身体と心はまさに今ものすごい勢いで作り変えられ、成長しているんだな、まるで強い生命力を宿した瑞々しい樹木のようだなと思います(実際、ヒカルは目覚ましい勢いで成長していく)。
続きを読む
書いている人
konoha
konohaTwitter

 この世は生き地獄。争いが果てぬ阿修羅の世界。創作の光だけが救いだ。

 ネットの暗部ばかり見ている病的な人間です。不条理で悪がはびこる世界と社会に対して強い憎しみを抱いています。

 好きなものは、ゲーム全般、ハースストーン、ニコ生、格ゲー界隈の配信、syrup16g、村上春樹、ユング心理学。

学校が嫌いだった。「明るく」「協調」「頑張る」吐き気がする。
その他、詳しいプロフィール

note(創作関連)より、
「オフィスに転がった万全な死体」
『偽りの注射と、廊下の残像』
follow us in feedly

免責
 当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
 当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。