影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想

 ゲーム/ニコ生評論家(自称)が文化的なことについて、熱っぽく本音で語っていきます。自分に嘘はつけない。

その他のジャンル

  • 『壊れたバナナクリップは平凡な幸せを歌いたかっただけなんだ』「僕は死んだ。」から始まる新感覚ノベルアクション
  • 『ツルギノマイ』自機の行動の多彩さが魅力のSTG

『壊れたバナナクリップは平凡な幸せを歌いたかっただけなんだ』「僕は死んだ。」から始まる新感覚ノベルアクション

WS000043 プレイ時間:30分弱

 すごく独創的な作品に出会えました。なんとこの作品は2Dアクションゲームをベースにしつつ、ステージを進んでいくにしたがって画面にノベルが展開され、同時に読み進めていくというゲームになっています。アクション部分とノベル部分が独立しているのではなく、同時展開です(左上の画像)。第11回ふりーむ!ゲームコンテスト「アイデア部門」 銀賞受賞作。

 ただ奇をてらってみただけで、先駆者たちが考えながらもあえてやらなかったというようなアイデアではなく、このゲーム性が独特の没入感を生み出していてやっていて素直に「面白い…」と感じました。オリジナルのBGMとグラフィックも良い。

 もし、このゲームのノベル部分とアクション部分だけを取り出して別個のものとしてプレイしたならば、それは不完全な作品となることでしょう。2つの一見相反する要素の合一が不思議な作用をもたらしています。分かつことはできません。なかなか文字でこの感覚を説明するのは難しいのですが、プレイ時間が短いので気軽に手に取ってみることをお勧めします。

壊れたバナナクリップは平凡な幸せを歌いたかっただけなんだのダウンロード(ふりーむ!)

『ツルギノマイ』自機の行動の多彩さが魅力のSTG

WS000042プレイ時間:1プレイ 1時間~1時間半程度

 最近、PCでも使えるXBOX360コントローラーを買ったのですが、十字キーと4ボタンしか使わないRPGしかやってないことに気づき、せっかくだからボタンをフル活用する忙しいゲームがやりたいなと思い探していたら、ちょうど本作を見つけたのでプレイしてみました。
 本作はJoystickやマウス、キーボードなどの操作に対応したシューティングゲームです。東方のような「回避」に主眼を置いた弾幕シューティングではなく、HPの概念があり「回避」と「攻撃」のバランスがいいゲームだと思います。さらに、こちらの移動に干渉してきてコースアウトでの自機破壊を狙ってくる敵や、狭い基地内での戦いやちょかまか動くボス等ステージのギミックも新鮮に楽しめて、自然と「ああ、これ面白い」と思いました。

 私はXBOX360コントローラーでやったのでそれ用の操作になりますが、左スティックで自機を動かし、右スティックでショットの方向を変え、Rトリガーでショット・さらに2回連打でチャージショット、RBで特殊兵装、Lトリガーで装備変更、LBでパターン切り替え……と操作の自由度が高く、裏を返せば覚えることが多いです。しかし、Trial mode > tutorialでわかりやすく説明してくれる他、ステージの難易度曲線が考えられており、手探り状態で初めても中盤に差し掛かるあたりになると自然と全ての操作が身についていて、そうなると動かしているだけで気持ちいいです。いろんなことができるので。

 また、本作に特徴的なシステムに「オーバードライブ」があります。これは敵弾や敵機に接近するとドレインが発生し、一定値に達すると自機が強化されるというものです。このシステムと相性がいいと思われる「ソードファイター」が自機としておすすめですね(自機は6種類から選べる)。特殊兵装がフォースフィールド(要はシールド)で発動中はドレイン範囲も拡大するのでオーバードライブも発動しやすく、かなり粘り強い戦いができます。あとは作者の方によると「ソードウィング」も初心者にお勧めのようです。逆にそれ以外の機体だと操作をマスターしていない段階では難しいかもしれません。Configuration→Game Option→Select Fighterで自機の変更ができます。

 一方で、初心者への配慮もあります。難易度が選べるほか、倒されたその場から無限にコンティニュー出来るのでストレスフリーに楽しめました(東方ハードシューターの私でも初見プレイ「ノーマルモード」コンティニュー10回程度でクリアできました)。

 さらにSFでレトロな雰囲気のストーリーや、ロック調が中心のスタイリッシュなBGMもよくマッチしていてプレイを盛り上げてくれました。

ツルギノマイのダウンロード(ニコニコ、動画も見られる)




 永夜抄は数ある東方の中では難易度も低めでシューティング初心者にもおすすめ。東方シリーズは世界観は共有されていますが、ストーリー的なつながりはほぼないのでどれからやっても問題ない。私もプレイしてハードまではノーコンティニューでクリアしましたが(最高難易度のルナティックは無理だった)、一番好き。ステージも音楽もキャラクターも。
書いている人
konoha
konohaTwitter

 この世は生き地獄。争いが果てぬ阿修羅の世界。創作の光だけが救いだ。

 ネットの暗部ばかり見ている病的な人間です。不条理で悪がはびこる世界と社会に対して強い憎しみを抱いています。

 好きなものは、ゲーム全般、ハースストーン、ニコ生、格ゲー界隈の配信、syrup16g、村上春樹、ユング心理学。

学校が嫌いだった。「明るく」「協調」「頑張る」吐き気がする。
その他、詳しいプロフィール

note(創作関連)より、
「オフィスに転がった万全な死体」
『偽りの注射と、廊下の残像』
follow us in feedly

免責
 当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
 当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。