影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想

 自称・ゲーム/ニコ生評論家が文化的なことについて、熱っぽく本音で語っていきます。

初めての方へ
 近頃は、ゲーム関連とニコ生等について書いていることが多いブログです。PC用フリーゲームに関心がある方には、最近のおすすめ名作フリーRPG8選(2016年版)VIPRPGのおすすめ名作・傑作12選まとめ(2016年版)がおすすめ。  フリゲ以外に関心がある方はそのカテゴリの記事か、下の過去記事セレクションあたりがおすすめ。
過去記事セレクション(3/19):
最近のおすすめフリゲ:【長めレビュー】『グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底で』中編RPG『リリアン・クー』中編RPG『戦海ディザイア』短編RPGVIPRPG紅白2016から選んだ8作品の感想とレビュー

ゲーム以外

  • 谷川俊太郎 二十億光年の孤独 を読みながら(感想)、自分も詩を書いていく:「灰色の小人たち」「朝の喫茶店」
  • (支援中)"東日本大震災を経験した人の言葉を集めた文芸誌を作りたい!"(藤田直哉)を応援しています。私の震災と残された傷痕。【クラウドファンディング】
  • 【ニコ生】ぬっきー配信再開!いま私は、ぬっきーもシンジも両方見たい。そんな心境と彼らの個人的感想(失礼)。
  • 本ブログのタイトルを変更しました
  • 【ニコ生】引退?復活?ぬっきーを6つの動画で改めて振り返る

谷川俊太郎 二十億光年の孤独 を読みながら(感想)、自分も詩を書いていく:「灰色の小人たち」「朝の喫茶店」

まえがきとしても - 谷川俊太郎『二十億光年の孤独』の紹介と感想

本屋で偶然見かけたことをきっかけに、谷川俊太郎『二十億光年の孤独』を少しずつ味わいながら読んでいます。ネット上なら谷川俊太郎/ポエトリージャパンで少し見られるようです。

谷川俊太郎は、十代の頃に書き溜めたこの詩集『二十億光年の孤独』で1952年にデビュー。解説によると、当時の詩壇(思想的な詩が中心だったらしい)に対して全く違ったタイプの詩を書く新人として現れました。
「二十億光年」という言葉にすでにあるように、とてもスケールの大きい視野で(宇宙に関する言葉も頻出)、戦後からの生活・社会・自然・人間・歴史などを見つめる詩を書いています。

私は彼の詩の、形而上の抽象的な言葉と具体的な言葉とを組み合わせ関連させる、その飛躍が面白いなと感じました(例: "時間に 雲が乗らない" 「梅雨」より、 "一瞬の運命論を 僕は梅の匂いにおきかえた" 「春」より)。
宇宙的な視野のせいか、感傷とか個人の感情というものが米粒みたいになるまで遠くから俯瞰されているようで、さらっとしながらもどこか物悲しい不思議な感触。私が読んだ集英社文庫の本には自筆のノートも収録されているのだけど、その字を見ると意外にまるっこくてかわいらしい字なのが印象に残った。

二十億光年の孤独 (集英社文庫)
谷川 俊太郎
集英社
2008-02-20



とくに気に入った二つの詩、「」「かなしみ」について引用しながら少し語っていきます。

かわいらしい郊外電車の沿線では
春以外は立入禁止である

「春」より

郊外電車の沿線が春の色に染められているという光景を、「春以外は立入禁止である」という言葉で表現するのがすごいな。たんぽぽの黄色い花とか、風の匂いとか、青い空とか、沿線はそういうものに満ちていて、そして立入禁止にされた「春以外」のものが、うらめしそうに遠くでこちらを見ていそうな気がする。


透明な過去の駅で
遺失物係の前に立ったら
僕は余計に悲しくなってしまった

「かなしみ」より

「過去」と「駅」という言葉を組み合わせるのが好きです。すごく象徴的で、精神世界において力を持っていそうな言葉。しかもそれが「透明」だと形容されている。そして「遺失物係」。何を失くしたのだろう。
係員はどんな人なんだろう。たぶん都会的な匿名性を持っていて深く関与してこないんだろうな。「透明な過去の駅」では人格を持った人間は、「僕」一人なのかな。孤独なんだけど、感傷的な孤独ではない。人とのかかわりの中で感じる孤独というより、広い世界に一人きりという感じ。

というわけで拙作も「灰色の小人たち」「朝の喫茶店」

この詩集を読みながら、自分でも詩を作ってみました。詩でも小説でもゲームでも、自分でも作ってみるとより深く味わえて良いと思います。おすすめの方法です。


灰色の小人たち

僕らは燃える生命力を封じ込んだ本を読む
灰色の小人たちは大声で騒ぎ立てる

僕らは沸騰する血を巡らせて肉体を鍛える
灰色の小人たちは大声で騒ぎ立てる

何をそんなに恐れているんだい
きっと置き去りにされるのを怖がる迷い子なんだろう


少年の日
木漏れ日と古びたカーテンの教室と埃のにおい
僕らはそこに何か忘れ物をした

あるいは あの木のしたの地中42kmに
まだそれは埋まったままなのかもしれない


今日という日
黒衣の追跡者が復讐を企てている 顔は見えない
あの人かもしれない 違うのかもしれない

何かが僕らを苛んでいる
暮らしの至る所で 食事中もニュースを見ている時も


もう誰でもいい どう思われても構わない
刺し殺してくれ お好みの声色と視線で

君が見ている僕は 君の心の中にしかいないから


完全な証明なんて誰にもできない
小学生じゃないんだからわかってよ
みんなその中で 少しでも前に進もうとしているんだよ
粗探しして 人の足を引っ張っているだけの君には粗がないのかい

幼き否認で積み木崩そうとしてんじゃねえ


自分だけは全部わかってる? 自分だけが演技して人を操ってる?
君だけが少しもわかってなくて 何も通用してなかったね
取り残された一人舞台の密室ピエロさん


だからそんなに怒りっぽくて 何度も何度も同意を求めて
そのたび裏切られて それでも承認を求めて裏切られて絶叫して

耳を塞いでいるから聴こえない
色眼鏡で見ているから歪んで見える
理解しようとしていないから理解できないんだよ

どんな仮面をかぶっても見え透いてんだよ
醜い本性と鉄のような頑なさが

たった一つの正解と、その他の多数の不正解で満たされた
君の世界の景色はどうだい? 自称・正義のヒーローさん?

とんだ茶番だ


「わたしの言う通りにしないと地獄に落ちる」

もう地獄に落ちてる人に 底の底から呼びかけられてもねえ

あの人はきっと、今日も苛々しながら大げさなため息をついているのだろう
一人きりの独房で



僕らは淡々と石を積む
誰かにに崩されるまで 賽の河原でも

あのころ何を求めていたのだろう、
迷い、混乱し、溺れて藁をもつかもうとして、鮮烈な期待と痛烈な落胆に苦しみながら…
それはきっと今も

思えば遠くまで来たもんだ


灰色の小人たちは大声で騒ぎ立てている
続きを読む

(支援中)"東日本大震災を経験した人の言葉を集めた文芸誌を作りたい!"(藤田直哉)を応援しています。私の震災と残された傷痕。【クラウドファンディング】

「傷」の言語化と共有の重要性

東日本大震災を経験した人の言葉を集めた文芸誌を作りたい!(CAMPFIRE)

少額ですが、支援させていただきました。
募集終了までは、あと3日です。最低額(3000円)でも、集まった作品を読み、感想をフィードバックするための特設サイトにアクセスできるようになりますよ。コンビニ払いも可。

クラウドファンディングというのは、簡単に説明すると、ネットを介して不特定多数の人間から資金提供を募ることです。

ところで、私は「見た目がいいこと」や「偽善っぽいこと」が嫌いだ。もちろん、今回の試みやその他のたくさんの方の善意、行動、支援等を非難するつもりはまったくなく、「見た目」だけで本質が伴っていないことが嫌いだという意味だ。
そんな私が、「社会的にいいこと」に対しての自らのコミットメントをアピールするようなこの記事をなぜ書こうと思ったのか(どんな形でも、一円でも多くの資金が集まればいいと思うけど)、お時間のある方は少し聞いてほしい。このクラウドファンディングは、私にとって他人事だと思えなかったのだ。

支援に込めた想い - 私の震災と残された傷痕

東日本大震災のあの日、出不精な私にはかなり珍しく海外にいた。

なので、あの揺れやその直後の混乱については、ニュースで伝え聞くだけで、リアルな感覚を共有していない。
英語のニュース番組で、earthquakeがJapanで起きた、ということを目にしても、どこか信じられないというか、大きな災害が起きたということの現実感に乏しかった。私の頭の中は、慣れない海外の観察と行動で埋め尽くされていた。

こういう経緯もあってか、帰国しても震災はどこか遠くの世界で起きた出来事のような感じがしていた。ではなぜ、今回のクラウドファンディングに身銭を切って支援しようと思ったのか。(私はどちらかと言えば貧乏なほうなので、少額とはいえ自分にとっては大きいことだ。)

それは、衝撃的な出来事の経験・思考・感情を文学として共有することが大切だと思っているからだ。


震災はたくさんの方々の肉体と精神、生活と人生に傷を残した。その「傷」が私にとって他人事には思えなかった。
私もとある過去の出来事によって深い傷を負った。今もまだ苛まれている。その傷の癒しにおいて、文学や音楽などの芸術の力が占めた割合はとても大きい。

幸運にも他者からの豊かな支援を受けられたらいいが、そうではない場合も世界には厳然として存在する。ちょうど私のように。

文学を始めとする創作は、人類の共有財産だ。そこにアクセスすることは、他の手段で回復を試みるよりはずっと容易に始められる。しかも大きな効果が見込まれる。


まだまだ、苦しんでいる方がたくさんいるのだろう。原発の事故もあったせいか偏見もあり、最近でもそれが原因で子どもがいじめの被害にあったというニュースも聞く。あまりにも悲しい。
あれ、問題を解決すべき立場の教師が主体的にかかわっていたんだっけ。近頃、そういうの多いね。みんな病んでいるのかな。それとも太古の昔から繰り返されてきたことなのか。職業や立場の前に、みんな人間だということなのか。


技術的には洗練されていないし、高度でもない。しかし、そこに描き出されている出来事、感情、思考には、私を突き動かす何かがある。〈リアル〉の手触りとしか言いようがないものがある。(藤田氏のコメントより引用)

本ブログはフリーゲームを専門的に扱っておりますが、こういうの好きです。共通点を感じます。あるいは、おすすめの名作・傑作けいおんSS 10選とその感想まとめ 【鬱・切ない系多め】のようなものとも。けいおんというアニメの二次創作SSは、震災とはほぼ関係ありませんが、たくさんの「傷」の言語化と共有という点では共通していると思います。あるいは、ネット上の掲示板等にもそんな匂いを私は感じ取っています。あまり何でも一緒くたにしないほうがいいのかもしれませんが。

簡単には言葉にならないような複雑なこと、人に言ってもどうせ伝わらないと思って口にするのをためらってしまうようなこと。とても孤立していて孤独ではあるけれども、決して消えてはならないような言葉が、きっとあるはずだと思うんです。


東日本大震災を経験した人たちの「言葉」を集める――新しい文芸誌の創刊に向けて 文芸評論家、藤田直哉氏インタビューより引用。とても共感し、重要だと感じました。


それでは、東日本大震災を経験した人の言葉を集めた文芸誌を作りたい!(CAMPFIRE)という、体験の言語化と共有の試み、期待しております。集まった作品が読めることも楽しみです。


東日本大震災後文学論
限界研
南雲堂
2017-03-10

藤田氏の編著。


ご著書。

【ニコ生】ぬっきー配信再開!いま私は、ぬっきーもシンジも両方見たい。そんな心境と彼らの個人的感想(失礼)。

ぬっきーさんの「最後の枠」は、引退詐欺で配信復帰宣言となりました。

ぬっきーは 生放送 やめ へん で~

ドッキリ大成功

ということみたいです。

私としては素直にうれしいです。その次の日(4月10日)の夜の枠も雰囲気良くて面白かったし。
思えば、私がニコ生を本格的に見始めたきっかけがぬっきーでした(このあたりのことや引退配信前夜のことは、【ニコ生】引退?復活?ぬっきーを6つの動画で改めて振り返るの後半に書いてある)。ニコ生を見る前は厨ポケ狩り講座のもこうを見てました。


ぬっきーを見始めた(=ニコ生を見始めた)ころは、他の配信者はほとんど見ていませんでした。当時のぬっきーの配信量がすごかったので、TSを消化しているとなかなか他の配信者を見る余裕がなかったということもあります。




しばらくたって、ウル4繋がりでフェンリルの配信も見るようになりました。初めて彼の配信を見たときは「なにこのサイコパスみたいな人?」と思っていました。なんだかんだでよく見る配信の一つになっていきました。今の配信もLOLはやったことないし、見ていても一向に内容が理解できないけど割と見ています。フェンリルという人間自体が面白く魅力的です。


ドラクエ繋がりでいつの間にかシンジの配信も見るようになりました。初めて見たとき彼は、「お前ら、恋してますか?」と何回もリスナーに問いかけていたりして、「なにこの人?出会い厨なの?」と思っていました。しかもなんか恋に破れたらしく顔出しで号泣し始めるし(今思えばSさんの件だったのかな?)。
しかし、ぬっきーが約8か月の長期休止に入る少し前くらいから、配信を見る優先順位がぬっきーを越えて自分の中でシンジがトップになりました。どんどん彼の放送の面白さに気付いていきました。今では私もふわっちで花火を打ち上げています。




ところで、ぬっきーとシンジは、語弊を恐れずに言うと敵対関係にあります。二人とも逆らうものはコミュ追放した人だし、どちらも見ているリスナーとしては(まあ、どっちかしか見ていない人のほうが少ないと思っているけど)身の振り方を考えさせられます。
ぬっきーにもシンジにも今までに5000円以上ドネートしている身としては、たまにしかコメントしないのでNGされるのはいいけど、コミュ追放されるのは嫌だなあと思います。


ぬっきーが復活した今の、自分の心境についてすごく気持ち悪い言い方をすると、『君が望む永遠』みたいな感じ(以下、一応ネタバレ注意)。プレイしたことないので大味ですが、あれって確かもともとの恋人が交通事故で意識不明になって長い間目覚めなくて、その間に主人公を支えてくれた新しい恋人が出来て……いい感じになったころにもともとの恋人の意識が戻る。三角関係。ってストーリーでしたっけ。

私にとって、この構図にもともとの人がぬっきー、新しい人がシンジが当てはまります。恋愛じゃないけど。どっちも面白いので選べない。ただ、ふわっちの花火やアマギフという形で感謝の意を示しているのであまり怒らないでほしいですね。昨日も配信でシンジはぬっきー勢をコミュ追放していたみたいですが…。
続きを読む

本ブログのタイトルを変更しました

今日を持って本ブログは、「フリーゲームRPGレビュー・感想 木の葉」から「影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想」に名前を変更しました。


理由は、フリーゲーム以外の記事も増えてきたからです。

ブログを書けば書くほど自分というものが改めて分かってきた(あと少しずつ癒されてきた)ので、「影絵の」という言葉も追加してみました。


第2ステージの開幕だ!

【ニコ生】引退?復活?ぬっきーを6つの動画で改めて振り返る

(追記:後日談→【ニコ生】ぬっきー配信再開!いま私は、ぬっきーもシンジも両方見たい。そんな心境と彼らの個人的批評(失礼)。) 

WS000001


(※この記事は2017年4月7日に書かれたものです。「囲い」の立場からの内輪向けな記事なので苦手な方はご注意を。)

配信引退宣言をしたあの2016年8月7日のツイートから約8か月が経ちました。


復帰するのかどうかもわかりません。近頃は後ろ向きなツイートが見られます。4/9の配信の最後で、私は「うっそよねえええええん」を信じていますが、本当に引退するという可能性もあります。

ぬっきーのツイッター(@nukikos)


なのでいま、ぬっきーさんの放送から有志の方がアップロードした6つの動画で放送を振り返ることにしました。さくっと見れる動画が多め。

ドラクエ10の誰かの引退動画とか、チームメンバーの話とかはそっとしておいたほうがいいのかなとも思いますし、今の時点で知っている人は知っているだろうし、知らない人が見ても面白さが十分に伝わらない可能性があるので今回は除外しておきました。面白いけどね。

ちなみに私もぬっきーの囲いです。ドラクエ10内でのイベントにも参加したことがあります。もちろん、あの緑のプクリポのキャラ(ぬっきークローン、めっきーとかまっきーとかちっきーとか)を作って……。釣りとか鬼ごっことかなついね。私もぬっきー配信復帰を願う者の一人です。まあ、言うのは勝手で、色々と事情があるのかもしれませんが…。

WS000000
私の環境の都合でキャラの表示数が少ないですが、思い出の一枚。

ぬっきーさんのコミュニティ


配信のオープニング

【ニコニコ動画】【ぬっきー】生放送オープニング 試作β1 【ぬっきーの好きにせえや】

まずはオープニングから。なっつwww ハクちゃん(豚)とかふぇんたむ(あ、NGされる…)要素が出てくるのもいいですね。ペンタブ最強!ペンタブ最強!
しかし、フェンリルさんってどこでも名前を出すのがタブー扱いされてますね。某格ゲー掲示板とか…。フェンリルさんのドラクエ10配信も面白かったな…。ネカマに騙されるあたりとか。

フェンリルさんのコミュニティ(新)


ドラクエ10のダイス勝負

【ニコニコ動画】【DQ10】ぬっきーのドラクエX ダイス勝負

やっぱりぬっきーと言えばドラクエでしょ。私は2013~2014年あたりからのリスナーなので、過去のチームメンバーとの絡みとかを動画で少しだけしか知らないのがうらめしい。ドラクエ動画は他にもいくつか上がっている。

動画の内容に触れると、ドラクエで大金をかけてダイス勝負に挑むぬっきー。
ドラクエ放送あったけぇ…。またこんな雰囲気の放送みたいねー。ワイプ芸も冴えわたる。棒読みちゃんの声も、何もかもが懐かしい。「懐かしい」という表現を使ってしまうことは悲しい。
続きを読む
書いている人:konoha
この世は生き地獄。争いが果てぬ阿修羅の世界。創作の光だけが救いだ。

ネットの暗部ばかり見ている病的な人間です。
好きなものは、ハースストーン、ニコ生、格ゲー界隈の配信、syrup16g、村上春樹、ユング心理学。詳しいプロフィールはこちら。

好きなフリゲは、セラブル、アナザームンホイ、ワールドピース&ピース、ざくアク、ドグマの箱庭シリーズ、ひよこ侍、他多数。
follow us in feedly



免責
当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。