(パインアメをコンビニで見かけたので買って、ねじまき鳥クロニクル(書評・感想記事も書きました)を読んでいたらこんなのを書きたくなりました。)




僕はパインアメを舌の上で転がしていた。ざらついた表面から特有の甘味と酸味を感じた。僕と周りの状況がひどく混乱していた十年前。あのときのパインアメとそれは同じ味をしていた。そのことに僕は満足した。

「悪くない」と呟いた端から、言葉が虚空へと吸い込まれていくようだった。部屋に重い沈黙が下りた。やはり電話はかかってこなかった。まだ全ての問題が解決したわけではないのだ。あるいは、問題の解決が新たな問題を生むのかもしれないという気がした。絶望的に複雑な順序を要求する知恵の輪のように。

"甘酸っぱくてジューシー"、そうパッケージの袋に印字されていることが目に入った。このキャッチコピーは誰が考えたのだろう? それを考えたのは少なくとも羊男ではないだろう、と僕は思った。


今は耳を澄まし、ただ待とう。いざという時にダンスを踊れるように。ステップを踏みながら、前に進んでいくために。
あの時すでに、直子は損なわれてしまっていたのかもしれない。あるいは重要な何かを失って、変質してしまっていたのかもしれない。以前のような関係は築けないのだとしても、僕達はあの井戸を再び訪れなければならない。ギイイギイイイイ、ねじまき鳥が世界へと向かって鳴いた。

そのとき僕の口の中のパインアメが溶けて、やがて消えた。その穴の向こうには何が映っていたのだろう?


死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。

あるいはパインアメの穴は、黄泉の国へと続いているのかもしれないと僕は思った。


その夜、僕は加納マルタの夢を見た。マルタはピンクのトレンチコートを着ていたが、その下には何もつけていないことが僕にはわかった。腕にはなぜかクミコの腕時計をしていた。電話のベルが鳴り響いている。しかし気に留めずに、マルタは僕の上にまたがってきた。豊かな陰毛の感触が肌を通じて伝わってきた。僕はマルタの中に入って、やがて果てた。非現実的な射精だった。


次の朝。僕は汚れた下着を洗濯かごへ入れ、シャワーを浴びた。ふと、昨晩口にしたパインアメのことを思い出した。その穴を通じて何らかの回路が開いたのかもしれない。あの非現実な射精は、パインアメの穴を通過することによって、あの珍しい苗字の女性の中に到達しているような気がした。もちろん、メタファーとしてのことだが。


(おわり)


あとがき

パイン株式会社さん、村上春樹さん、そして読者の方に先に謝罪しておきます。すみませんでした…。馬鹿にするような意図はなく、私はパインアメも村上文学も好きです。ねじまき鳥クロニクル(書評・感想記事も書きました)面白いし。

でも、ほんとにこんなアクロバティックなシーンが1Q84にあるんだよね…。




こちらもおすすめ
  
この記事を書いた人

konoha  konohaTwitter [ブログの更新通知も]note [毒々しい創作関連]

 「良い作品と出会い、より深く楽しむためのレビュー・批評、そして思い出」を発信しているブロガー。好きなゲーム・音楽・文学などを全力で語る。ニコ生と某掲示板ばかり見ている病的な面も。息苦しい国だけどマイペースに、人どうしの違いを大切に。 嫌いな言葉は「明るく」「協調性」「頑張る」。学校が嫌いだった。

→→その他、詳しいプロフィール  →→初めての方へ。多様なジャンルから、当ブログのおすすめ記事を29本厳選した。