「傷」の言語化と共有の重要性

東日本大震災を経験した人の言葉を集めた文芸誌を作りたい!(CAMPFIRE)

少額ですが、支援させていただきました。
募集終了までは、あと3日です。最低額(3000円)でも、集まった作品を読み、感想をフィードバックするための特設サイトにアクセスできるようになりますよ。コンビニ払いも可。

クラウドファンディングというのは、簡単に説明すると、ネットを介して不特定多数の人間から資金提供を募ることです。

ところで、私は「見た目がいいこと」や「偽善っぽいこと」が嫌いだ。もちろん、今回の試みやその他のたくさんの方の善意、行動、支援等を非難するつもりはまったくなく、「見た目」だけで本質が伴っていないことが嫌いだという意味だ。
そんな私が、「社会的にいいこと」に対しての自らのコミットメントをアピールするようなこの記事をなぜ書こうと思ったのか(どんな形でも、一円でも多くの資金が集まればいいと思うけど)、お時間のある方は少し聞いてほしい。このクラウドファンディングは、私にとって他人事だと思えなかったのだ。

支援に込めた想い - 私の震災と残された傷痕

東日本大震災のあの日、出不精な私にはかなり珍しく海外にいた。

なので、あの揺れやその直後の混乱については、ニュースで伝え聞くだけで、リアルな感覚を共有していない。
英語のニュース番組で、earthquakeがJapanで起きた、ということを目にしても、どこか信じられないというか、大きな災害が起きたということの現実感に乏しかった。私の頭の中は、慣れない海外の観察と行動で埋め尽くされていた。

こういう経緯もあってか、帰国しても震災はどこか遠くの世界で起きた出来事のような感じがしていた。ではなぜ、今回のクラウドファンディングに身銭を切って支援しようと思ったのか。(私はどちらかと言えば貧乏なほうなので、少額とはいえ自分にとっては大きいことだ。)

それは、衝撃的な出来事の経験・思考・感情を文学として共有することが大切だと思っているからだ。


震災はたくさんの方々の肉体と精神、生活と人生に傷を残した。その「傷」が私にとって他人事には思えなかった。
私もとある過去の出来事によって深い傷を負った。今もまだ苛まれている。その傷の癒しにおいて、文学や音楽などの芸術の力が占めた割合はとても大きい。

幸運にも他者からの豊かな支援を受けられたらいいが、そうではない場合も世界には厳然として存在する。ちょうど私のように。

文学を始めとする創作は、人類の共有財産だ。そこにアクセスすることは、他の手段で回復を試みるよりはずっと容易に始められる。しかも大きな効果が見込まれる。


まだまだ、苦しんでいる方がたくさんいるのだろう。原発の事故もあったせいか偏見もあり、最近でもそれが原因で子どもがいじめの被害にあったというニュースも聞く。あまりにも悲しい。
あれ、問題を解決すべき立場の教師が主体的にかかわっていたんだっけ。近頃、そういうの多いね。みんな病んでいるのかな。それとも太古の昔から繰り返されてきたことなのか。職業や立場の前に、みんな人間だということなのか。


技術的には洗練されていないし、高度でもない。しかし、そこに描き出されている出来事、感情、思考には、私を突き動かす何かがある。〈リアル〉の手触りとしか言いようがないものがある。(藤田氏のコメントより引用)

本ブログはフリーゲームを専門的に扱っておりますが、こういうの好きです。共通点を感じます。あるいは、おすすめの名作・傑作けいおんSS 10選とその感想まとめ 【鬱・切ない系多め】のようなものとも。けいおんというアニメの二次創作SSは、震災とはほぼ関係ありませんが、たくさんの「傷」の言語化と共有という点では共通していると思います。あるいは、ネット上の掲示板等にもそんな匂いを私は感じ取っています。あまり何でも一緒くたにしないほうがいいのかもしれませんが。

簡単には言葉にならないような複雑なこと、人に言ってもどうせ伝わらないと思って口にするのをためらってしまうようなこと。とても孤立していて孤独ではあるけれども、決して消えてはならないような言葉が、きっとあるはずだと思うんです。


東日本大震災を経験した人たちの「言葉」を集める――新しい文芸誌の創刊に向けて 文芸評論家、藤田直哉氏インタビューより引用。とても共感し、重要だと感じました。


それでは、東日本大震災を経験した人の言葉を集めた文芸誌を作りたい!(CAMPFIRE)という、体験の言語化と共有の試み、期待しております。集まった作品が読めることも楽しみです。


東日本大震災後文学論
限界研
南雲堂
2017-03-10

藤田氏の編著。


ご著書。
初めての方へ
 近頃は、ゲーム関連とニコ生等について書いていることが多いブログです。PC用フリーゲームに関心がある方には、最近のおすすめ名作フリーRPG8選(2016年版)VIPRPGのおすすめ名作・傑作12選まとめ(2016年版)がおすすめ。  フリゲ以外に関心がある方はそのカテゴリの記事か、下の過去記事セレクションあたりがおすすめ。
過去記事セレクション(3/19):
最近のおすすめフリゲ:【長めレビュー】『グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底で』中編RPG『リリアン・クー』中編RPG『戦海ディザイア』短編RPGVIPRPG紅白2016から選んだ8作品の感想とレビュー