4/13追記:デッキリストを改良しました。IN 影の幻視・先遣隊長エリーズ、OUT 禁じられし創造・密言・死。詳しくは先遺隊長エリーズでパック開封した結果!デッキは沈黙プリ・OTKプリで使い方を考える。

(※本記事は2017年4月10日に書かれたものです。時間が経つと情報が古くなっている可能性があります)


大魔境ウンゴロがリリースされてから3日が経ちました。みなさまはどんなデッキで楽しんでいますでしょうか?

私は今回ご紹介するデッキの他には、ズーやクエストズー(ズー愛好家なので)、ビーストドルイド、お花ミラクルローグなどで遊んでいます。久々に1日30勝達成で上限の100ゴールドまで得られました。


私はなるべく自分の頭で考えた変わり種なデッキで遊ぶのが好きで(※1)、パックから<太陽の破片ライラ>を引いたのでミラクル沈黙プリーストを組んでみました。私はただの一般プレイヤーでハースストーンが上手ではないのですが、ランク5までは高い勝率で到達できたので少しこのデッキについて語ってみます。

(※1 強さを求めれば結局テンプレデッキにたどり着くとしても、最初くらいは自由なデッキ構築を楽しみたい。せっかくフロアルールも採用されたしね。ラダーでも酒場でも、風変りなデッキと対戦していると嬉しくなります。)

カードリスト

WS000161   WS000162


注目したいカード:

WS000164   WS000165


WS000163
 

デッキの特徴

序盤を狂気ポーションや、光熱のエレメンタル(+マナコストが下がったスペル)でしのぎ、中盤はドデカいレイザーリーフをサイレンスしたり挑発付与したりする。
そしてプリーストの新クラスレジェンドの太陽の破片ライラや、おなじみガジェッツァンの競売人からのドローでアドバンテージを取って勝負を決定づけることがこのデッキの狙い。

適応が強い環境なので、サイレンスは相手に撃っても強い


狂気ポーションを2枚採用しているのは、現時点での環境はアグロが強いと思っていて、対アグロで超強力なカードなので。またコントロールに対しても、多用されている苦痛の侍祭を始めとし、サルノスや戦利品クレクレ君等に対しても強い。環境次第では聖なる一撃(1マナ2点)や思念透視との交換も考えられる。

ドブネズミは、クエストローグやクエストメイジに対する勝ち筋になる。他のデッキに対しても、プリなら使いやすい。アグロ相手にも出しやすい。

ヨグサロンはアグロ相手には不要だし、クエストメイジやクエストウォリに対してはどんなスペルを唱えても、相手の手札をディスカードしたり相手のヒロパを変更したりすることはできないので、現時点では採用していません。環境次第ではかなり強力になりえるカードですが。

マッチアップについて少し解説

対アグロ全般狂気ポーションが超強い。光熱のエレメンタル、ノースシャイアの聖職者、真言・盾もあるので有利に戦える。ただ、海賊ウォリだけは有利不利の結論はまだ出ていないが難しい相手。

対クエストローグ:相手が4回出そうとしているカードを、タイミングを見計らってドブネズミで落とせるかどうかが勝負どころ。間に合えば強盗ログを置いておくと嫌がらせになる。そして得られたコイン等をライラや競売人から使ってアドバンテージを稼げば、クエスト達成されても受け切りでの勝ちも目指せる。厳しいけど。

対クエストメイジドブネズミで魔法使いの弟子や大魔術師アントニダスを落とせるかどうかが勝負どころ。相手は凍結を多用してくるが、サイレンスでこれを溶かせる。ライラから思念撃破やヒロパ変更を持ってこれれば攻めが早くなる(強盗ログを置ければ大量のコインが得られるので狙いやすい)。

対クエストウォリアー:厳しい。もうひと押しが足りない試合で負けることが多い。攻めを急ぎやすいデッキではないし、ミニオンを並べても乱闘される。試合が長引けばクエスト達成されてかなり不利な展開になる。相手のドブネズミから乱闘されるのもつらい。




以上、"【HS・ウンゴロ面白いデッキ】ミラクル沈黙プリーストを組んでみた![Easy Rank5]"でした。
まだまだ改良点もたくさんあると思いますし、環境もどんどん変化していくと思います。個人的には最近の拡張の中でウンゴロは楽しい方ですね。


こちらもおすすめ
  
この記事を書いた人

konoha  konohaTwitter [ブログの更新通知も]note [毒々しい創作関連]

 「良い作品と出会い、より深く楽しむためのレビュー・批評、そして思い出」を発信しているブロガー。好きなゲーム・音楽・文学などを全力で語る。ニコ生と某掲示板ばかり見ている病的な面も。息苦しい国だけどマイペースに、人どうしの違いを大切に。 嫌いな言葉は「明るく」「協調性」「頑張る」。学校が嫌いだった。

→→その他、詳しいプロフィール  →→初めての方へ。多様なジャンルから、当ブログのおすすめ記事を29本厳選した。