影絵の木の葉 - フリーゲーム/RPG等のレビューと感想

 自称・ゲーム/ニコ生評論家が文化的なことについて、熱っぽく本音で語っていきます。

初めての方へ
 近頃は、ゲーム関連とニコ生等について書いていることが多いブログです。PC用フリーゲームに関心がある方には、最近のおすすめ名作フリーRPG8選(2016年版)VIPRPGのおすすめ名作・傑作12選まとめ(2016年版)がおすすめ。  フリゲ以外に関心がある方はそのカテゴリの記事か、下の過去記事セレクションあたりがおすすめ。
過去記事セレクション(3/19):
最近のおすすめフリゲ:【長めレビュー】『グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底で』中編RPG『リリアン・クー』中編RPG『戦海ディザイア』短編RPGVIPRPG紅白2016から選んだ8作品の感想とレビュー

(支援中)"【PIECES PROJECT】高校を辞めた子たちの、次の一歩を応援したい!"を、応援しています。再チャレンジについて。【クラウドファンディング】

一度レールを外れた人間の再チャレンジが可能な社会にしていきたい。人が人として尊重されるようになってほしい。一つずつでも変えていきたい。


【PIECES PROJECT】高校を辞めた子たちの、次の一歩を応援したい!

(※クラウドファンディングとは、ネットを介して不特定多数から資金を集めるという新しい仕組みです。読者のあなたも街頭で募金するかのように参加できます。3000円から、コンビニ払い可)


今の日本は「一度も失敗していないこと」が非常に重要視される社会だ。特に雇用において。

だから無能な官僚のように、前例を踏襲した批判されにくいだけで全く効果的でないことが実行され、本当に価値あるチャレンジや提案を行いにくくなってしまっている。そもそも、何が失敗で何が成功かなんてすぐにはわからない。歴史的な視野での検討が必要。勝手に決めつけんな。


かくいう私もレールを外れた人間だ。途中まではレールの上を行くことにひどく拘泥し、自分をだまそうと必死になっていた。しかし、そんなことをしていてもどんどん不幸になっていくだけだということに気づいて、それを辞めた。

まだまだ十分な結果は出ていないし、整備されていない道なので歩んでいくには勇気も必要だが、風通しはいい。人に歩かされているのではなく、自分の足で歩んでいるという実感がある。一日の終わりには心地良い疲労と、少しずつ良い方向へと向かっている、問題にコミットメントしているという統制感がある。
これは非常に重要だ。心が死んで日銭を稼ぐだけになってしまう人生に幸福はない。断言してもいい。なぜなら、かつての私自身がそうだったから。


人間は、社会の現状について何も知らない状態でこの世に生を受ける。迷っている人や苦しんでいる人がいて当然だ。そういう人は殺人的な視線にさらされ、ひどく孤独なことが多い。
そういう人を馬鹿にする風潮があるがそれは間違っている。人間の成長は画一的なプロセスを踏むわけではないし、唯一の正解を目指して画一的な人間にならなければならないわけでもない。

例えばユングによると、人間の成長や人生とは、個人が生まれ持った能力を開花させ実現させることだという。その際に二つの対立する概念に心はひどくかき乱されることになる。意識と無意識、外向と内向、感情と思考など。綺麗事じゃ生きてはいけないんだよ。

支援に込めた想い - なぜPIECESを選んだのか

こういう社会的弱者を支援するソーシャルグッドなクラウドファンディングはいくつか存在する。
続きを読む

谷川俊太郎 二十億光年の孤独 を読みながら(感想)、自分も詩を書いていく:「灰色の小人たち」「朝の喫茶店」

まえがきとしても - 谷川俊太郎『二十億光年の孤独』の紹介と感想

本屋で偶然見かけたことをきっかけに、谷川俊太郎『二十億光年の孤独』を少しずつ味わいながら読んでいます。ネット上なら谷川俊太郎/ポエトリージャパンで少し見られるようです。

谷川俊太郎は、十代の頃に書き溜めたこの詩集『二十億光年の孤独』で1952年にデビュー。解説によると、当時の詩壇(思想的な詩が中心だったらしい)に対して全く違ったタイプの詩を書く新人として現れました。
「二十億光年」という言葉にすでにあるように、とてもスケールの大きい視野で(宇宙に関する言葉も頻出)、戦後からの生活・社会・自然・人間・歴史などを見つめる詩を書いています。

私は彼の詩の、形而上の抽象的な言葉と具体的な言葉とを組み合わせ関連させる、その飛躍が面白いなと感じました(例: "時間に 雲が乗らない" 「梅雨」より、 "一瞬の運命論を 僕は梅の匂いにおきかえた" 「春」より)。
宇宙的な視野のせいか、感傷とか個人の感情というものが米粒みたいになるまで遠くから俯瞰されているようで、さらっとしながらもどこか物悲しい不思議な感触。私が読んだ集英社文庫の本には自筆のノートも収録されているのだけど、その字を見ると意外にまるっこくてかわいらしい字なのが印象に残った。

二十億光年の孤独 (集英社文庫)
谷川 俊太郎
集英社
2008-02-20



とくに気に入った二つの詩、「」「かなしみ」について引用しながら少し語っていきます。

かわいらしい郊外電車の沿線では
春以外は立入禁止である

「春」より

郊外電車の沿線が春の色に染められているという光景を、「春以外は立入禁止である」という言葉で表現するのがすごいな。たんぽぽの黄色い花とか、風の匂いとか、青い空とか、沿線はそういうものに満ちていて、そして立入禁止にされた「春以外」のものが、うらめしそうに遠くでこちらを見ていそうな気がする。


透明な過去の駅で
遺失物係の前に立ったら
僕は余計に悲しくなってしまった

「かなしみ」より

「過去」と「駅」という言葉を組み合わせるのが好きです。すごく象徴的で、精神世界において力を持っていそうな言葉。しかもそれが「透明」だと形容されている。そして「遺失物係」。何を失くしたのだろう。
係員はどんな人なんだろう。たぶん都会的な匿名性を持っていて深く関与してこないんだろうな。「透明な過去の駅」では人格を持った人間は、「僕」一人なのかな。孤独なんだけど、感傷的な孤独ではない。人とのかかわりの中で感じる孤独というより、広い世界に一人きりという感じ。

というわけで拙作も「灰色の小人たち」「朝の喫茶店」

この詩集を読みながら、自分でも詩を作ってみました。詩でも小説でもゲームでも、自分でも作ってみるとより深く味わえて良いと思います。おすすめの方法です。


灰色の小人たち

僕らは燃える生命力を封じ込んだ本を読む
灰色の小人たちは大声で騒ぎ立てる

僕らは沸騰する血を巡らせて肉体を鍛える
灰色の小人たちは大声で騒ぎ立てる

何をそんなに恐れているんだい
きっと置き去りにされるのを怖がる迷い子なんだろう


少年の日
木漏れ日と古びたカーテンの教室と埃のにおい
僕らはそこに何か忘れ物をした

あるいは あの木のしたの地中42kmに
まだそれは埋まったままなのかもしれない


今日という日
黒衣の追跡者が復讐を企てている 顔は見えない
あの人かもしれない 違うのかもしれない

何かが僕らを苛んでいる
暮らしの至る所で 食事中もニュースを見ている時も


もう誰でもいい どう思われても構わない
刺し殺してくれ お好みの声色と視線で

君が見ている僕は 君の心の中にしかいないから


完全な証明なんて誰にもできない
小学生じゃないんだからわかってよ
みんなその中で 少しでも前に進もうとしているんだよ
粗探しして 人の足を引っ張っているだけの君には粗がないのかい

幼き否認で積み木崩そうとしてんじゃねえ


自分だけは全部わかってる? 自分だけが演技して人を操ってる?
君だけが少しもわかってなくて 何も通用してなかったね
取り残された一人舞台の密室ピエロさん


だからそんなに怒りっぽくて 何度も何度も同意を求めて
そのたび裏切られて それでも承認を求めて裏切られて絶叫して

耳を塞いでいるから聴こえない
色眼鏡で見ているから歪んで見える
理解しようとしていないから理解できないんだよ

どんな仮面をかぶっても見え透いてんだよ
醜い本性と鉄のような頑なさが

たった一つの正解と、その他の多数の不正解で満たされた
君の世界の景色はどうだい? 自称・正義のヒーローさん?

とんだ茶番だ


「わたしの言う通りにしないと地獄に落ちる」

もう地獄に落ちてる人に 底の底から呼びかけられてもねえ

あの人はきっと、今日も苛々しながら大げさなため息をついているのだろう
一人きりの独房で



僕らは淡々と石を積む
誰かにに崩されるまで 賽の河原でも

あのころ何を求めていたのだろう、
迷い、混乱し、溺れて藁をもつかもうとして、鮮烈な期待と痛烈な落胆に苦しみながら…
それはきっと今も

思えば遠くまで来たもんだ


灰色の小人たちは大声で騒ぎ立てている
続きを読む

【HS/ウンゴロ】剣竜騎乗できない問題。新兵型ミッドレンジ/コントロールパラディンの5ターン目の動きが弱くて盤面が空になりがち。ストラングルソーントラの採用とかどうでしょう?

WS000314
 

新兵型(※1)ミッドレンジパラディンやコントロールパラディン愛好家の方々こんにちは。私もウンゴロが楽しすぎてずっとそればかりやっていて、ハースストーン専門ブログみたいになっているよ。普段は、フリーゲームやSteamゲー、ニコ生、鬱な邦楽ロックや純文学などについても語っているんだけどね。興味がある方は画面上部からカテゴリを選んで見てね。

さて、私は30時間くらいミッドレンジやコントロールパラディンを使っていて、今レジェンドラダーの1000位あたりにいるよ。

レジェンド達成(関連飢えたカニ・秘密を喰らうもの入りミッドレンジハンターでレジェンド達成しました(S37)。デッキガイドと環境所感など。)した時は3500位くらいだったので結構勝ち越せてます。最近使っているデッキはこのS37 レジェンド3位 レオンハルト コントロールパラディン。あとS37 Trump’s Un’Goro Midrange Paladinも少し前に使っていました。

※1 新兵型というのはマーロックシナジーを採用していないということです。新兵シナジーを採用しているという意味では今のところ使われていません。

WS000312


ただ、一つ気になることがあるんだ。それは、新兵型ミッドレンジ/コントロールパラディンの5ターン目の動きが弱いということ。
マーロック型なら六丸や小型ミニオンを並べる動きでいい。六丸なら隠れ身までついてるし剣竜騎乗は攻撃力が上がるので効果発動との相性もいい。飢えたカニが怖いけど一度は仕事をした後だ。そもそも、最近マーロック型に剣竜騎乗が採用されなくなってきているみたいだけど。
一方、新兵型はうまくマナを使い切れないことが多い。暴走コドーも出す形を選ぶし。六丸や終末預言者・苦痛の侍祭まで握っておきたいという考えも頭によぎるし。

5ターン目の動きと言うのはこのデッキにおいてかなり重要で、それはなぜかというと6ターン目に自分の盤面にミニオンが残っていないと剣竜騎乗が出来ず、6ターン目の動きも弱くなりまた盤面をクリアされて、さらに7ターン目の動きも弱くなって、8ターン目のティリオンや光ラグナロスまで相手に押される展開になりうるから。こうなると、ティリオンや光ラグナロスを出しても厳しいことも多い。

パイロ(熱狂する火霊術師)平等すればいいじゃん」という意見もあるかもしれない。ただ、それをやるタイミングを自分で選べていない時点で、使わされている感があると思う。そしてパイロ平等にしても平等聖別にしても、カードが2枚そろっていないと出来ないということも無視してはならない。序盤から積極的にドローしていくデッキではないので。
(あと少し話がそれますが、対マーロックパラディンでは、戦隊長がいるとパイロ平等では盤面をクリアできないことにも留意が必要。温厚なメガサウルスで適応されるのも怖いので、早めの対処が重要ですね。)


というわけで、私が提案したいのがストラングルソーントラの採用です。

WS000313
続きを読む

【HS/ウンゴロ】飢えたカニ・秘密を喰らうもの入りミッドレンジハンターでレジェンド達成しました(S37)。デッキガイドと環境所感など。(4/24追記:照明弾について)

WS000299

照明弾について追記 4/24:ハンターの秘策メタは、秘密を喰らうものよりも照明弾のほうがいいという意見もあるみたいです。私は照明弾は弱いとフィーリングで判断してあまり真剣に検討していませんでしたが、よく考えると十分強いと思いました。でもやっぱり私は秘策を喰らうもののほうが好き。メタカードなので環境からの影響が大きいけどね。

秘策を使ってこない相手に対しては、2マナ隠れ身消去(地味に六丸とかに対して役に立つかも。あとハンターのコウゴウインコから出た3/2/2 隠れ身猛毒とかも。)+1ドローのほうが、4/2/4よりも有効だと思います。
ただ、パラディンの1マナ秘策に対して照明弾を撃つのはあんまり得をしている感じがしません。それだったら秘策を破壊しつつの4/3/5もあると思います(ドローよりも盤面強化を急ぎたい。長びくと回復されて負ける)。
あと、メイジの秘策に対してもアイスブロックを絡めて2つ以上食べて4/4/6になれる場面も十分あると思います。2マナミニオンの秘策サーチが強いので。呪文相殺で消えないのもかなり重要。
あと、このデッキはミッドレンジパラディンに対して「かなり有利」としていましたがさすがに言い過ぎたと思ったので「有利」へと変更しました。あと、少し前から急増したコントロールメイジ(発見メイジ)に対してはまだ試している途中です。環境変わるのはえーよ。

(※私はただの一般プレイヤーなので、記事の内容を鵜呑みにしないでほしいです。また、環境の変化が速いので時間が経つと内容が古くなっている可能性があります。)

飢えたカニ・秘密を喰らうもの入りミッドレンジハンターでレジェンド達成しました(S37・4/22)。今さらですが。
安くて早くて強いのでおすすめ!今はやりのミッドレンジパラディンも作ってみましたが(遅めのやつ)、30分近く戦って負けると精神的につらかったのでレジェンドを目指すときには使わなかったよ。

正確な戦績を保存するのを忘れていましたが、月末ということもありランク3★2からレジェンドまで3時間で到達できました。さくさく試合数をこなせるデッキなので、1戦6分で計算すると、30戦程度かな?
ランク1★1から戦績を記録し始めたのですが、そこからは6勝1敗(勝率85.7%)でした。サンプル数が少なすぎて全然あてになりませんが。


使用したカードリストはS37 レジェンド8位 おれごん ミッドレンジハンターをベースに、炎魔コウモリとビタータイド・ヒドラを1枚ずつ抜いて、代わりに飢えたカニと秘密を喰らうものを1枚ずつ入れたものです。
続きを読む

【HS/ウンゴロ/アリーナ】激強ローグデッキで12勝0敗。獰猛なヒナ&タール・クリーパーの組み合わせが犯罪的。

獰猛なヒナはあなたのゲームを壊します。ダメ、ゼッタイ。

ハースストーン(ウンゴロ環境)の闘技場(アリーナ)でめちゃつよデッキがローグで出来上がり、無敗の12連勝しました。うれしくなったので少し語ります。私は平均4~5勝程度の一般プレイヤーですが、こんなん誰でも勝てるやん!!

WS000291


[12wins arena Rogue deck]
0 死角からの一刺し
1 致死毒*2
2 アンダーシティの押し売り ウォーゲン変異体 ブルーギル・ウォリアー マッドボンバー レイザーペダル・ラッシャー 気取り屋の俳優 翡翠の薙刀 若き酒造大師 裏切り
3 タール・クリーパー*3 猛毒の仕込み 獰猛なヒナ
4 シルバームーンの守護兵 ダークアイアンのドワーフ*2 南海のスキッドフェイス 奥部屋の用心棒 黒曜石の破片
5 ヴァイルスパイン・スレイヤー 裏切りロック鳥 爆弾部隊
6 デファイアスの掃除屋 ネルビアンの預言者 ボルダーフィストのオーガ
7 ストームウィンドの勇者

翡翠シナジーが活きない翡翠の薙刀以外は一流カード揃い。バックスタブや致死毒で好調な立ち上がりを見せ、獰猛なヒナタール・クリーパーでゲームを壊していきます。獰猛なヒナが顔面に決まるとそれだけで勝負が決まりかねません。3~4ターン目の時点ですでに終わっている試合が何ゲームもありました。

中盤以降、相手が大型ミニオンを出して抵抗して来ても、猛毒の仕込みヴァイルスパイン・スレイヤー(暗殺内蔵の5/3/4)で除去できます。パラディンの剣竜騎乗に対してデファイアスの掃除屋のサイレンスが決まることもありました。終始優勢で、圧倒的な展開(こちらの盤面には強力ミニオン、相手の盤面は空)が続いて無敗の12連勝で終わりました。つよ!!

WS000289

むちゃくちゃですやん



ウンゴロ関連:こちらもおすすめ
書いている人:konoha
この世は生き地獄。争いが果てぬ阿修羅の世界。創作の光だけが救いだ。

ネットの暗部ばかり見ている病的な人間です。
好きなものは、ハースストーン、ニコ生、格ゲー界隈の配信、syrup16g、村上春樹、ユング心理学。詳しいプロフィールはこちら。

好きなフリゲは、セラブル、アナザームンホイ、ワールドピース&ピース、ざくアク、ドグマの箱庭シリーズ、ひよこ侍、他多数。
follow us in feedly



免責
当サイトに掲載されているスクリーンショットや紹介文等の著作権は各権利所有者に帰属しております。
当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません。